安全保障

尖閣で武力行使容認! 中国「海警法」制定へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国は中国の周辺海域で監視などを行う中国海警局の任務や権限を定めた「海警法」の草案の内容が明らかになった。

中国の管轄する海域で外国の船舶が「違法」に活動し、停船命令などに従わない場合は、武器を使用できるとしている。

対象の海域については、領海に加え、排他的経済水域や大陸棚なども含むとしている。

当然ながら、この海域は中国が一方的に自国の海域と見なした地域全てが対象とされ、その中には外国の海域だとみなされるところも含まれることになる。

ところで、中国の海警局などの船舶は、すでに彼らが「格下」と見なしているベトナムなどに対しては、ベトナムの海域と思われるところでも、従来から容赦ない武力攻撃を行ってきた。

従ってこうした法律の制定の向けられた意味合いは、ベトナムなどでは大きくない。

つまり、主たる狙いは日本であると考えるべきだろう。

中国の海警局の船舶は、日本領である尖閣諸島の周辺海域に恒常的に出没し、同海域で操業する日本の漁船を執拗に追い回すような行為を行っている。

今後同海域で日本漁船が操業する際に、中国の海警局の船舶が日本漁船に対して武力行使できる根拠を作り上げようとしているのだろう。

そしてこうした立法化によって、日本漁船に同海域での操業を断念させる狙いが透けて見える。

「安全第一」の日本においては、「危険」地域での操業は大きく制限される。

これにより、日本の尖閣諸島での実効支配のレベルを引き下げさせることが主たる狙いではないだろうか。

こうした脅しに屈するようなことがあってはならない。

同海域で操業する日本漁船を必ず守り切るオペレーションを実現し、操業の継続・拡大が図られるようでなければならない。

これに対する物的・人的支援が恒常的に不足している問題の解決に向けて、政府には最大限の努力を行っていただきたい。

むしろ尖閣諸島の実効支配レベルを引き上げるために、同海域での日米協同の軍事演習などをまじめに推進し、さらに公務員の常駐まで進めていただきたいものだ。

さらに、日本の領海や排他的経済水域で違法操業を行う外国船に対して、しっかりとした武力行使ができる立法を進め、対抗することも必要ではないか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201105/k10012695831000.html
NHKからの引用画像(中国海警の船舶)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201105/K10012695831_2011050536_2011050537_01_02.jpg
斜め読みニュースからの引用画像(中国船に爆破されるベトナム漁船)
http://www.斜め読みニュース.tokyo/wp-content/uploads/2018/04/c687dc89a5004d4f254e25aed256cb07.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    楽天が中国テンセントから出資受け入れ! 容認した日本政府への落胆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!楽天…

  2. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  4. 安全保障

    非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香…
  2. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  3. 経済

    矛盾の中国財政! 表は緊縮、裏は拡張!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    トランプ共和党 続々と敗北! ケンタッキー州知事選挙でも!(朝香 豊)
  5. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
PAGE TOP