道理

選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプがずっとリードしていたはずのウィスコンシン州の開票で、終盤でなぜか急激にバイデンの票だけが伸び、逆転が起こった。

その際の、具体的な票の動きがグラフによって明らかにされた。

ミシガン州でも同様の現象が発生して、終盤でひっくり返っている。

投票率80%の段階でトランプが5%勝っていたのが、90%の段階ではわずかにリードは0.2%に縮まり、その後逆転した。

一方、一時トランプ優勢が伝えられる中でも、バイデンはなぜか自分の勝利に揺るぎない自信を見せていた。

思い返せばバイデンは、10月24日に「我々はすでに米国の政治史上で最も広範で包括的な有権者詐欺組織を結成したと思う」と発言していた。

これは認知症による言い間違えだと思われていたが、単なる言い間違えではなかったようだ。

この選挙結果を粛々と受け入れろと言われても、トランプ陣営が従うことはできないであろう。

ツイッターは選挙不正を訴えるトランプ側のツイートを再び削除した。

こうした処置についても、トランプ側は到底受け入れられないはずだ。

選挙後は内乱になるのではないかとの予測は普通になされていたが、本当にその展開になりそうである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のtimesofisraelの記事
https://www.timesofisrael.com/twitter-flags-trump-tweets-on-election-fraud-as-battle-spills-onto-social-media/
lifesitenewsからの引用画像(ウィスコンシン州の開票状況)
https://assets.lifesitenews.com/images/made/images/remote/https_www.lifesitenews.com/images/local/Wisconsin_race_Nov_4_2020_810_500_75_s_c1.jpg
Trendsmapからの引用画像(ミシガン州の開票状況)
https://pbs.twimg.com/media/El_KmNFXUAAmChI.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    民主党候補には35000票の嵩上げ! 大統領選挙だけではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  3. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも

    これで文政権は終わったね。チョ・グク前大統領府民情…

  4. 道理

    『弾劾訴追は民主党の自殺行為!」 トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)
  3. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)
  4. 未分類

    竹中平蔵氏をどう見るか! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊…
PAGE TOP