道理

選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプがずっとリードしていたはずのウィスコンシン州の開票で、終盤でなぜか急激にバイデンの票だけが伸び、逆転が起こった。

その際の、具体的な票の動きがグラフによって明らかにされた。

ミシガン州でも同様の現象が発生して、終盤でひっくり返っている。

投票率80%の段階でトランプが5%勝っていたのが、90%の段階ではわずかにリードは0.2%に縮まり、その後逆転した。

一方、一時トランプ優勢が伝えられる中でも、バイデンはなぜか自分の勝利に揺るぎない自信を見せていた。

思い返せばバイデンは、10月24日に「我々はすでに米国の政治史上で最も広範で包括的な有権者詐欺組織を結成したと思う」と発言していた。

これは認知症による言い間違えだと思われていたが、単なる言い間違えではなかったようだ。

この選挙結果を粛々と受け入れろと言われても、トランプ陣営が従うことはできないであろう。

ツイッターは選挙不正を訴えるトランプ側のツイートを再び削除した。

こうした処置についても、トランプ側は到底受け入れられないはずだ。

選挙後は内乱になるのではないかとの予測は普通になされていたが、本当にその展開になりそうである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のtimesofisraelの記事
https://www.timesofisrael.com/twitter-flags-trump-tweets-on-election-fraud-as-battle-spills-onto-social-media/
lifesitenewsからの引用画像(ウィスコンシン州の開票状況)
https://assets.lifesitenews.com/images/made/images/remote/https_www.lifesitenews.com/images/local/Wisconsin_race_Nov_4_2020_810_500_75_s_c1.jpg
Trendsmapからの引用画像(ミシガン州の開票状況)
https://pbs.twimg.com/media/El_KmNFXUAAmChI.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 人権・民主主義

    言論封殺のGoogle・Facebook・Twitter! 皮肉デザイン秀逸!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「グ…

  3. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  4. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  5. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TSMC議論での深田萌絵氏に対する反論! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルス対応で日本を殺すな! 末端の疲弊から目をそらしてはいけない!(…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)…
  5. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
PAGE TOP