経済

国土強靱化の予算執行は5割にとどまる! 弱体化した建設業!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

防災・減災のために2018~20年度に特別枠を設けた「国土強靱化3カ年緊急対策」の予算の執行が進んでいない。

19年度の予算で組まれた事業については、年度末に当たる20年3月末時点で執行率は53.6%にとどまっている。

つまり半分しか行われていないことになる。

これは長らく公共投資を抑制してきたために、建設業の人手不足が深刻で、仕事があっても引き受けられる業者が不足しているためである。

長期にわたる「公共投資いじめ」が続いてきたことが建設業を大きく弱体化させ、必要な建設事業を消化する力を失わせた。

マスコミの罪は大きい。

また不必要に高学歴化を推し進めたことにも原因はあるだろう。

今や大学進学率は58.1%、専門学校進学率は23.8%で、進学率は80%を超える。

こうした進学を行った人たちが、肉体労働を蔑む意識を持たないとしても、自分が肉体労働をする側に回ることはたいてい意識することはないからである。

一定以上の学力がないと、高校の卒業はできても、大学の進学はできないというような制度も作るべきではないだろうか。

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65170040Z11C20A0EE8000/
幻冬舎のページ(建設業)
https://ggo.ismcdn.jp/mwimgs/2/6/-/img_268d564694178078f1207a3278ced33d831337.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    経済同友会が参院に「独立財政機関」の設置を求める! 足を引っ張るのはやめてくれ!(朝香 豊)

    経済同友会は、経済・財政・社会保障の中長期予測や財政に与える影…

  2. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

    韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次い…

  3. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  6. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)

    安倍総理は閣議で、「復旧復興の取り組みを加速し、海外発のリスク…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    香港で天安門事件追悼が平穏に開かれた! だが嵐の前の静けさにすぎない!(朝香 豊…
PAGE TOP