安全保障

中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エストニアの対外情報機関は、中国共産党が世界的な影響力を強めていることに警鐘を鳴らす報告書をまとめた。在エストニアの中国大使館は「エストニア人民に対する中国人民の感情を傷つけた」としてこの内容の変更を求めたが、エストニア政府は拒否した。

この報告書は、中国共産党が経済的利益の誘導やスパイ活動、エリートとの関係構築などで海外への影響力を高めながら、欧米を分断する戦略を立てているとしている。また、世界を中国の技術に依存させるという明確な目標のもと、中国共産党が浸透工作を行っていることを指摘した。

さらに報告書は、中共の外交政策が提唱するいわゆる「人類運命共同体」の実現は、「北京主導の声なき世界」につながると警告している。
 
エストニアはかつてソ連に蹂躙され、独立を奪われた国である。それゆえに共産主義に対する警戒心が強く、中国共産党の意図をよく理解することができるのだろう。

エストニアの外国情報機関の責任者ミク・マラン氏は、「中露協力は緊密化しているが、関係の主導権は北京が握っている」ことを指摘しながら、「中国の活動は年々新たな安全保障上の懸念を高めている」と強調している。

なお中国は2012年から中東欧17カ国の経済協力の枠組み「17+1」を推進しているが、中国が約束したこれらの国々への投資は履行されておらず、これらの国々からの輸入も増やしていないことから、17カ国は中国との距離を広げる傾向にあるようだ。

米エンタープライズ研究所研究員のゲーリー・シュミット氏は、欧州各国を分断させようとする中国の戦略はある程度の効果があるが、中国の振る舞いに対する国際社会の反感を増幅させていると述べている。

甘く見るのは正しくないだろうが、中国の振る舞いが様々な疑念と軋轢を生んでいることは確認しておきたい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/02/68812.html
中国とエストニアの引用画像
https://estonianworld.com/wp-content/uploads/2017/11/China.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)
  3. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    クリントン夫妻が殺し屋を雇った疑惑! FBIがセス・リッチ事件の情報を公開! (…
  5. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!
PAGE TOP