安全保障

中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エストニアの対外情報機関は、中国共産党が世界的な影響力を強めていることに警鐘を鳴らす報告書をまとめた。在エストニアの中国大使館は「エストニア人民に対する中国人民の感情を傷つけた」としてこの内容の変更を求めたが、エストニア政府は拒否した。

この報告書は、中国共産党が経済的利益の誘導やスパイ活動、エリートとの関係構築などで海外への影響力を高めながら、欧米を分断する戦略を立てているとしている。また、世界を中国の技術に依存させるという明確な目標のもと、中国共産党が浸透工作を行っていることを指摘した。

さらに報告書は、中共の外交政策が提唱するいわゆる「人類運命共同体」の実現は、「北京主導の声なき世界」につながると警告している。
 
エストニアはかつてソ連に蹂躙され、独立を奪われた国である。それゆえに共産主義に対する警戒心が強く、中国共産党の意図をよく理解することができるのだろう。

エストニアの外国情報機関の責任者ミク・マラン氏は、「中露協力は緊密化しているが、関係の主導権は北京が握っている」ことを指摘しながら、「中国の活動は年々新たな安全保障上の懸念を高めている」と強調している。

なお中国は2012年から中東欧17カ国の経済協力の枠組み「17+1」を推進しているが、中国が約束したこれらの国々への投資は履行されておらず、これらの国々からの輸入も増やしていないことから、17カ国は中国との距離を広げる傾向にあるようだ。

米エンタープライズ研究所研究員のゲーリー・シュミット氏は、欧州各国を分断させようとする中国の戦略はある程度の効果があるが、中国の振る舞いに対する国際社会の反感を増幅させていると述べている。

甘く見るのは正しくないだろうが、中国の振る舞いが様々な疑念と軋轢を生んでいることは確認しておきたい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/02/68812.html
中国とエストニアの引用画像
https://estonianworld.com/wp-content/uploads/2017/11/China.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  3. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  4. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

    トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ…

  5. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    森友問題で「赤木ファイル」が公開! さらに明白になった佐川理財局長の罪と安倍総理…
  2. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)
  5. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)
PAGE TOP