安全保障

中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エストニアの対外情報機関は、中国共産党が世界的な影響力を強めていることに警鐘を鳴らす報告書をまとめた。在エストニアの中国大使館は「エストニア人民に対する中国人民の感情を傷つけた」としてこの内容の変更を求めたが、エストニア政府は拒否した。

この報告書は、中国共産党が経済的利益の誘導やスパイ活動、エリートとの関係構築などで海外への影響力を高めながら、欧米を分断する戦略を立てているとしている。また、世界を中国の技術に依存させるという明確な目標のもと、中国共産党が浸透工作を行っていることを指摘した。

さらに報告書は、中共の外交政策が提唱するいわゆる「人類運命共同体」の実現は、「北京主導の声なき世界」につながると警告している。
 
エストニアはかつてソ連に蹂躙され、独立を奪われた国である。それゆえに共産主義に対する警戒心が強く、中国共産党の意図をよく理解することができるのだろう。

エストニアの外国情報機関の責任者ミク・マラン氏は、「中露協力は緊密化しているが、関係の主導権は北京が握っている」ことを指摘しながら、「中国の活動は年々新たな安全保障上の懸念を高めている」と強調している。

なお中国は2012年から中東欧17カ国の経済協力の枠組み「17+1」を推進しているが、中国が約束したこれらの国々への投資は履行されておらず、これらの国々からの輸入も増やしていないことから、17カ国は中国との距離を広げる傾向にあるようだ。

米エンタープライズ研究所研究員のゲーリー・シュミット氏は、欧州各国を分断させようとする中国の戦略はある程度の効果があるが、中国の振る舞いに対する国際社会の反感を増幅させていると述べている。

甘く見るのは正しくないだろうが、中国の振る舞いが様々な疑念と軋轢を生んでいることは確認しておきたい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/02/68812.html
中国とエストニアの引用画像
https://estonianworld.com/wp-content/uploads/2017/11/China.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  2. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ショハ…

  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  4. 安全保障

    健全なオーストラリア国民の対中意識! 日本政府はここから学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  5. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 安全保障

    救急搬送で11箇所から受け入れ拒否も! 新型コロナが疑われる患者!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
  2. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  3. 外交

    北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)
  5. 道理

    【予言】イランの体制は崩壊へ!(朝香 豊)
PAGE TOP