人権・民主主義

中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国外務省は、アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストの3つの新聞社に所属する記者の取材証を剥奪すると発表した。

事実上の国外追放だ。

これらの記者は中国本土だけでなく、今後香港やマカオでの取材も禁じられる。

中国はさらに、これら3紙に、タイム誌とボイス・オブ・アメリカを加えた5社に対して、中国国内での従業員や財務状況、不動産などに関する情報を書面で申告するよう命じた。

アメリカは新華社など中国系メディア5社を「中国共産党の宣伝機関」に認定し、アメリカ国内で働く5社の職員数の合計に100人という上限を設けた。

中国の今回の処置は、このアメリカの処置に対する対抗という側面もある。

だが、中国の5社が中国政府の意のままに動くのに対して、アメリカの5社はアメリカ政府の意向に従って動いているわけではない。

トランプ政権に対して、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストは、フェイクまがいのストーリーまで使って攻撃を加えている。

それでトランプ選対は、この両社を名誉毀損で訴えることまでやっている。

これらの反トランプ系のメディアまでも中国は国内から排除するという、愚かな真似を行った。

愚かだというのは、これらのメディアの反中意識を高め、トランプ側にむしろ動かしてしまうことになるからだ。

こういう点でも習近平体制は、自滅への道を歩んでいるように感じる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のインフォシークの記事
https://news.infoseek.co.jp/article/17reutersJAPAN_KBN2143NH/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  2. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  3. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香…
  2. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  4. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない!…
  5. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)
PAGE TOP