中国

「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「イタリア市民がローマで中国国歌を街中で流し、「中国ありがとう!」って叫んだ」と、中国共産党の機関紙「環球時報」などが報じた。

「証拠動画」付きで報じられていたものだが、このニュースについて、私は昨日(3月17日)に「ヤラセじゃないのか?」とブログに書いたが、やはりヤラセというか、フェイクだったようだ。

イタリアのメディア「Money.it」は、動画を分析して、バルコニーに立つ人は該当のセリフを言っていないと指摘した。

この指摘を見て、私は「あれ?」っと思った。

というのは、私の見た動画には、バルコニーに立つ人なんて映っていなかったからだ。

そこで初めて、私が見たのとは別バージョンの動画もあるということに気がついた。

それでYouTubeで調べてみると、実は同じような動画が何種類もあることに気がついた。

こうなると、「中国の国歌が流れるのをたまたま聞いて、急遽撮影を始めた」というストーリーが成立しなくなる。

複数の場所にいた複数の中国人が別々に気付いて、同じような動画を撮影したのだという強弁は一応成り立ちそうだが、だとしたら「中国、ありがとう!」の声は、場所によって聞こえ方が大きく変わるはずだ。

ところがどの動画も、中国国歌も「中国、ありがとう!」の声も、音量が同じなのだ。

これはもうフェイクだというのは確定したような話だろう。

また「Money.it」は、動画内でイタリア人たちは確かに拍手はしているが、中国国歌は加工して後付けされたものだとも指摘した。

別のイタリアメディアの「Linkiesta」も、この動画に関して、「イタリア外相ら閣僚は、中国に偽ニュースを広めるのをやめさせなければならない」と指摘した。

こういう愚かなプロパガンダを大々的に行うことで、中国は自ら墓穴をどんどん掘っていくことになる。

習近平体制は終焉を迎えつつあると言っていいだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53214.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  2. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  4. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!麻薬の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    楽しみにする声は17%のみ! ターニングポイントになる北京五輪!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「ウクライナ側は善、ロシア側は悪」は間違いか? 両者を公正に判断せよ!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    コロナの発症は武漢の研究所! 亡命研究者たちが証言しているとバノン氏!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)
PAGE TOP