中国

「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「イタリア市民がローマで中国国歌を街中で流し、「中国ありがとう!」って叫んだ」と、中国共産党の機関紙「環球時報」などが報じた。

「証拠動画」付きで報じられていたものだが、このニュースについて、私は昨日(3月17日)に「ヤラセじゃないのか?」とブログに書いたが、やはりヤラセというか、フェイクだったようだ。

イタリアのメディア「Money.it」は、動画を分析して、バルコニーに立つ人は該当のセリフを言っていないと指摘した。

この指摘を見て、私は「あれ?」っと思った。

というのは、私の見た動画には、バルコニーに立つ人なんて映っていなかったからだ。

そこで初めて、私が見たのとは別バージョンの動画もあるということに気がついた。

それでYouTubeで調べてみると、実は同じような動画が何種類もあることに気がついた。

こうなると、「中国の国歌が流れるのをたまたま聞いて、急遽撮影を始めた」というストーリーが成立しなくなる。

複数の場所にいた複数の中国人が別々に気付いて、同じような動画を撮影したのだという強弁は一応成り立ちそうだが、だとしたら「中国、ありがとう!」の声は、場所によって聞こえ方が大きく変わるはずだ。

ところがどの動画も、中国国歌も「中国、ありがとう!」の声も、音量が同じなのだ。

これはもうフェイクだというのは確定したような話だろう。

また「Money.it」は、動画内でイタリア人たちは確かに拍手はしているが、中国国歌は加工して後付けされたものだとも指摘した。

別のイタリアメディアの「Linkiesta」も、この動画に関して、「イタリア外相ら閣僚は、中国に偽ニュースを広めるのをやめさせなければならない」と指摘した。

こういう愚かなプロパガンダを大々的に行うことで、中国は自ら墓穴をどんどん掘っていくことになる。

習近平体制は終焉を迎えつつあると言っていいだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53214.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 安全保障

    進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!少し…

  3. 安全保障

    台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    州議会の指示なく動かされた投票用紙! 怪しいマリコパ郡の動き!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)
  3. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝…
  4. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
  5. 未分類

    5月29日「日本世論の会」神奈川県支部 講演会 のお知らせ(朝香 豊)
PAGE TOP