中国

「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「イタリア市民がローマで中国国歌を街中で流し、「中国ありがとう!」って叫んだ」と、中国共産党の機関紙「環球時報」などが報じた。

「証拠動画」付きで報じられていたものだが、このニュースについて、私は昨日(3月17日)に「ヤラセじゃないのか?」とブログに書いたが、やはりヤラセというか、フェイクだったようだ。

イタリアのメディア「Money.it」は、動画を分析して、バルコニーに立つ人は該当のセリフを言っていないと指摘した。

この指摘を見て、私は「あれ?」っと思った。

というのは、私の見た動画には、バルコニーに立つ人なんて映っていなかったからだ。

そこで初めて、私が見たのとは別バージョンの動画もあるということに気がついた。

それでYouTubeで調べてみると、実は同じような動画が何種類もあることに気がついた。

こうなると、「中国の国歌が流れるのをたまたま聞いて、急遽撮影を始めた」というストーリーが成立しなくなる。

複数の場所にいた複数の中国人が別々に気付いて、同じような動画を撮影したのだという強弁は一応成り立ちそうだが、だとしたら「中国、ありがとう!」の声は、場所によって聞こえ方が大きく変わるはずだ。

ところがどの動画も、中国国歌も「中国、ありがとう!」の声も、音量が同じなのだ。

これはもうフェイクだというのは確定したような話だろう。

また「Money.it」は、動画内でイタリア人たちは確かに拍手はしているが、中国国歌は加工して後付けされたものだとも指摘した。

別のイタリアメディアの「Linkiesta」も、この動画に関して、「イタリア外相ら閣僚は、中国に偽ニュースを広めるのをやめさせなければならない」と指摘した。

こういう愚かなプロパガンダを大々的に行うことで、中国は自ら墓穴をどんどん掘っていくことになる。

習近平体制は終焉を迎えつつあると言っていいだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53214.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  4. 道理

    本当に「外交的ボイコット」?! 踏み込みがまだまだ足りない岸田内閣!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!岸田…

  5. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    トランプ大統領署名で、「香港人権・民主主義法」が成立! 香港、大盛り上がり!(朝…
  3. 経済

    FRBが金利の据え置きを決定! だが景気は減速している!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    アフリカでワクチンの臨床試験の方向に、激しい非難! そんなに悪いことか?(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
PAGE TOP