人権・民主主義

ウイグルでは豚肉を食べるのを強制するだけでなく、豚肉生産基地化の計画が動いている! (朝香 豊)

イスラム教では豚肉を食べるのは禁忌だ。

だが中国政府は様々な形でイスラム教徒のウイグルの人たちに豚肉を食べさせようとしている。

例えば、ウイグルでは「4人組」キャンペーンというものが行われている。

4人組で「一緒に生活する」「一緒に働k」「一緒に学ぶ」ということをやるのだが、「一緒に食べる」というイベントも用意され、「民族統一食」なるものが提供される。この食の中に豚肉が入っているわけだ。

ウイグル内のカシュガル政府がネットに張り出した写真には、ウイグルのある村の村長が豚肉を食べながら、他のウイグル人に一緒に食べるよう促す写真が掲載されたこともある。

現在中国は、アフリカ豚コレラの蔓延で、養豚業が壊滅的な打撃を被っている。

これに対する解決策として、ウイグルを中国北西部で豚の繁殖および商品豚の生産拠点に変えることが打ち出された。

この処置は、ウイグル人が大切にしてきたものをさらに打ち砕く、恐るべき人権侵害だろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のRadio Free Asiaの記事https://www.rfa.org/english/news/uyghur/pork-11222019161208.html
トップ画像はこの話とは無関係のウィキペディアのファイルから
https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:日本の養豚場2017.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a5/日本の養豚場2017.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)

    米共和党上院議員のトップ(院内総務)であるミッチ・マコーネル氏…

  3. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)

    香港の区議会議員選挙は、政府に批判的な立場の民主派がすべての議…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米国防長官、北朝鮮に「勝つ準備」を確認する必要を強調!(朝香 豊)
  2. 経済

    れいわの山本太郎代表、積極財政と消費税減税で野党共闘を目指す! これは侮れない!…
  3. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)
  4. 経済

    WeWorkの少数株主が、創業者のニューマンだけでなく、孫正義も提訴! ソフトバ…
  5. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
PAGE TOP