安全保障

進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本、インド、オーストラリアが「サプライチェーン強化構想」(SCRI : Supply Chain Resilience Initiative)の立ち上げに向けた交渉を進めていることがわかった。(但し、日本語名は私の仮訳)

将来いつまた新型コロナウイルスの感染拡大のような事態が発生するかもしれないわけだが、こうした場合に中国依存が高いと今回同様に大きなリスクが生じることから、この3カ国で協力関係を強めてサプライチェーンを作っていこうとする計画だ。

この流れに沿えば、中国への投資が激減し、その分の投資がこれら3カ国に向かうということになる。

3カ国の国内経済を引き上げるのに、大きな効果が期待できる。

当初はこの3カ国で話を進め、やがてASEAN諸国10国を巻き込んで拡大していくことを目指している。

つまり、地域の大国である3カ国がまずは協力関係を確立し、これに東南アジア諸国を巻き込んで、中国抜きの大きな経済圏を構築していくという構想だということになる。

このSCRIを主導しているのは日本政府だ。

日本の経産省がこの絵を描き、1ヶ月ほど前からインド政府と交渉を開始したと報じられている。

日本政府が描いてきた「セキュリティ・ダイアモンド構想」は、日本・インド・オーストラリア・アメリカの4カ国が軸となった経済と安全保障の連携だったわけだが、このうちの3カ国で地域の安定したサプライチェーンを構築していこうというものだと理解すればよいかと思う。

インドは国境紛争で中国との緊張が高まり、国内で反中感情が急激に盛り上がっている。

従来は対中関係を考えて慎重な姿勢を保ってきたインドの方向性が大きく変わってきたことにより、話が進みやすくなったという環境変化が後押ししている。

インドはRCEP(東アジア地域包括的経済連携)から最終的には離脱する意向を示していたが、RCEPに代わる枠組みがこのSCRIによって生まれたとも言える。

また、SCRIはアメリカのトランプ政権が構想している「経済繁栄ネットワーク」(EPN)構想の一部として理解することもできる。

EPNは脱中国連合で経済繁栄できる枠組みを作ろうとするもので、やはり脱中国のサプライチェーン構想だ。

RCEPがスクラップ化されて、SCRIやEPNがこれに取って代わる流れまで構想されていることを期待したい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウス・チャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/economy/global-economy/article/3098310/india-japan-australia-keen-boost-supply-chain-security
YouTubeのサムネイルからの引用画像(SCRI)
https://i.ytimg.com/vi/fweV7002IYs/hq720_live.jpg?sqp=COjT_fkF-oaymwEhCK4FEIIDSFryq4qpAxMIARUAAAAAGAElAADIQj0AgKJD&rs=AOn4CLDlKJbrhkcxJG9_n3zVDNOObRIBBw
Twitterからの引用画像(セキュリティダイアモンド構想)
https://pbs.twimg.com/media/CRMbNggUcAAeFBJ.jpg:large
リベラルアーツガイドからの引用画像(RCEP)
https://liberal-arts-guide.com/wp-content/uploads/2019/12/rcep.png
Asia Power Watchからの引用画像(India-China-relations)
https://asiapowerwatch.com/wp-content/uploads/2020/06/India-China-relations.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングデンマークのダンスケ銀行の2000億ユ…

  2. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シン…

  4. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    北朝鮮やミャンマーのクーデターを支援! 中国!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ソウルの反文在寅デモに500万人集結か!(朝香 豊)
  4. 道理

    イランが破片撤去! 証拠隠滅か!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    オーストラリア初の中国系下院議員が、中国の統一戦線工作に従事していたと報道される…
PAGE TOP