道理

首里城正殿には電気コードが溶けた痕が見つかる! 管理責任のある沖縄県側の説明はウソか?(朝香 豊)

那覇市消防局は、首里城焼失に関して、正殿内の延長コードが溶けたショート痕のようなものが数十カ所見つかったと発表した。

また、首里城関係者が正殿内部の照明について「スイッチを入れたままだったかもしれない」と証言していることもわかった。これらからすると、電気は通電したままだった可能性が高い。

実際火災のあった31日の未明にかけて、沖縄県から管理を委託されていた「美ら島財団」の職員らが首里城祭り用の作業を行っていたことはすでに報じられている。

「美ら島財団」は火災発生前日の30日午後9時半に自動的にブレーカーが落ちており、通電もしていなかったと説明していたが、とすると午後9時半以降は彼らは明かりをつけずに作業していたのだろうか。

首里城を管理していた沖縄県の管理不行き届きが原因である可能性は極めて濃厚になったと言えるだろう。(本年2月から国有財産である首里城を沖縄県が国に代わって管理することになり、実際の管理は沖縄県から「美ら島財団」に委託されていた。)

今回の火災の件で謝罪の言葉の1つもない沖縄県側の態度には、一部から非難の声が上がっていたが、事故原因が確定すれば、こうしたこれまでの沖縄県の姿勢に対して更に厳しい声が上がる可能性が高くなったのではないだろうか。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/affairs/news/191107/afr1911070031-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!休業…

  2. 道理

    バイデン親子と中国の黒い関係! アメリカで映画化される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    トランプ派には献金停止! 米財界に動き広がる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホテ…

  4. 人権・民主主義

    明らかになる不正選挙の手口! サンダース支持者からの告発も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)
PAGE TOP