人権・民主主義

韓国、検察解体へ大なた! 政権批判を抹殺へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国法務部は、チョ・グク前法務部長官の一連の疑惑や大統領府による市長選介入疑惑などの捜査を指揮していた大検察庁(最高検)の幹部ら32人を、13日付で交代する人事を発表した。

朝鮮日報はこれを、「ユン・ソクヨル検察総長の参謀陣を「完全解体」するに等しい」と評した。

これにより、大検察庁の刑事部長や企画調整部長、科学捜査部長らが一斉に一線から退くことになる。

また、チョ・グク疑惑の指揮を執ってきたハン・ドンフン部長は釜山高検に飛ばされ、後任には明らかな文在寅派のシム・ジェチョル氏が登用された。

大統領府による蔚山市長選介入疑惑を捜査していたパク・チャンホ部長は済州地裁に飛ばされ、後任にはやはり明らかな文在寅派のペ・ヨンウォン氏が登用された。

検察の人事異動については、法令では検察総長の意見聴取手続きが必要とされるが、今回はこれを無視して強行した。

先月末に成立した「高位公職者犯罪捜査処設置法」によって、大統領府の腐敗に関して検察は手出しができない形になったが、これが実際に設置されるのは半年以上先と見られていて、その間に検察が最後の意地を見せることが期待されていた。

だが、この不法な人事により、韓国の検察は、現段階においても、大統領府の腐敗に関して完全に無力化されたといえるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/08/2020010880244.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾総統…

  2. 人権・民主主義

    台湾政府が米3紙に台湾に拠点設置を提案! 中国に対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  3. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国の親…

  5. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)

    反中国派の新聞である大紀元時報の香港支社の印刷工場に、覆面をし…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
  2. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  4. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
  5. 安全保障

    米台間の「太平洋対話」が初開催! アメリカは台湾支援を強化!(朝香 豊)
PAGE TOP