安全保障

台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Taiwanese Public Opinion Foundation の調査結果によると、台湾が公式に独立国だと表明すべきだという見解を持つ国民が54%と、過半数に達した。

現状維持派は23.4%、中国との統合を望むのは12.5%で、圧倒的多数が台湾独立派となった。

1991年の統計開始以来最も高い数値となり、昨年末の段階から見ても、独立派は8%以上増えた。

これは新型コロナウイルス の脅威に対して、中国との人的交流を厳しく遮断することで、世界で最もうまく対処したことが自信となっているところもあるだろうが、それだけではない。

世界的にはコロナ不況で苦しんでいる中で、台湾経済は割とうまく回っていることもある。

2020年の1〜3月期の、海外企業による台湾製品の調達・購入額は、前年比109%増となっている。

蔡英文政権が「新南向政策」として力を入れている東南アジア・南アジア諸国との貿易総額は、前年比5%増を記録した。

コロナのせいで世界的には貿易額が大きく落ち込んでいる中で、この数字は驚異的だ。

ちなみに日本の同時期の輸出額は9.7%減少している。

大使館など、台湾政府の在外機関の働きかけによる台湾への投資額も、前年比で40%増加した。

米中貿易摩擦の激化によって、台湾企業が高関税が掛かる中国を敬遠して、台湾に製造拠点を回帰させる動きを強めていることも大きい。

台湾も海外からの観光客の激減によって、宿泊業・飲食業・小売業などは大打撃を受けているが、それでも同時期の経済成長率は1.59%と、プラス成長を維持した。

中国包囲網を築くことで、中国に置いていた生産拠点を中国の国外に移し、中国を外した経済ブロック圏内で経済活動を活発化させることの可能性の大きさを、台湾の事例はよく示してくれているだろう。

世界も日本も台湾から学ぶべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のTaiwan Newsの記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3951560
ネタ元のフォーカス台湾の記事
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202006210006.aspx
ネタ元のジェトロの記事
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/14d07d0035e12335.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  4. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 経済

    韓国の建設会社の28%が利払い不能状態に!(朝香 豊)

    韓国の建設会社のうち、外部監査の対象となる1833社の昨年の事…

  6. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

    尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  3. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
  4. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)
PAGE TOP