安全保障

アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツのミュンヘンで開催されている安全保障会議で、アメリカの要人が相次いで中国を名指しで非難している。

エスパー米国防長官は、さらなる内部圧制、略奪的な経済活動、情報の非公開などを挙げ、中国共産党はますます間違った方向へ行っている、西側諸国の知的財産権を盗み、隣人の小国を脅迫し、あらゆる手段を使って優位を獲得しようとしている、と非難した。

その上で、世界各国に対して「目の前にある中国の脅威に目覚めてほしい」と呼び掛けた。

ポンペオ国務長官は、中国は国境や領海とを接するほぼすべての国と紛争を抱えている、野心的な国であり、ルールに基づいた国際システムを破壊していると、非難した。

ポンペオ氏は、中国共産党の思想は西側諸国の思想と対立する危険なもので、中国共産党が支配するネットワークを取り入れれば、情報はハイジャックされると、その危険性を指摘した。

民主党出身のペロシ米下院議長も、中国共産党政権が自由主義に基づく普遍的な価値を損ない、通信技術を通じて、デジタル世界の専制体制を輸出し、その技術を受け入れない地域には経済的報復をちらつかせ、脅していると非難した。

その上で、5G通信が私たちと価値を共有しない権威主義政府によって支配されれば、これは最も危険な侵略手法だとし、経済的な理由で全体主義の拡散に手を貸さないよう、世界に呼び掛けた。

アメリカは西側の価値観を取るのか、中国を取るのかの二択を、世界に迫っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51816.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51827.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51809.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/02/17/t_akcsj8auuko79n31fcno.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フェ…

  3. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

  5. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊)

    NATOは、ブリュッセルで外相理事会を開催し、中国の軍事拡大を…

  6. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)
  2. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
  3. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香…
  5. 中国

    武漢の新型肺炎は報道より遥かに深刻か! 現地の声!(朝香 豊)
PAGE TOP