安全保障

アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツのミュンヘンで開催されている安全保障会議で、アメリカの要人が相次いで中国を名指しで非難している。

エスパー米国防長官は、さらなる内部圧制、略奪的な経済活動、情報の非公開などを挙げ、中国共産党はますます間違った方向へ行っている、西側諸国の知的財産権を盗み、隣人の小国を脅迫し、あらゆる手段を使って優位を獲得しようとしている、と非難した。

その上で、世界各国に対して「目の前にある中国の脅威に目覚めてほしい」と呼び掛けた。

ポンペオ国務長官は、中国は国境や領海とを接するほぼすべての国と紛争を抱えている、野心的な国であり、ルールに基づいた国際システムを破壊していると、非難した。

ポンペオ氏は、中国共産党の思想は西側諸国の思想と対立する危険なもので、中国共産党が支配するネットワークを取り入れれば、情報はハイジャックされると、その危険性を指摘した。

民主党出身のペロシ米下院議長も、中国共産党政権が自由主義に基づく普遍的な価値を損ない、通信技術を通じて、デジタル世界の専制体制を輸出し、その技術を受け入れない地域には経済的報復をちらつかせ、脅していると非難した。

その上で、5G通信が私たちと価値を共有しない権威主義政府によって支配されれば、これは最も危険な侵略手法だとし、経済的な理由で全体主義の拡散に手を貸さないよう、世界に呼び掛けた。

アメリカは西側の価値観を取るのか、中国を取るのかの二択を、世界に迫っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51816.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51827.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51809.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/02/17/t_akcsj8auuko79n31fcno.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!⭐⭐…

  4. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  5. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  6. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国の考えることはえげつない! 香港の民間企業を国営企業の支配下に置き、統制を図…
  2. 安全保障

    集計結果を中国に送信! ジョージア州のドミニオンサーバ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)
PAGE TOP