安全保障

「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウィキペディアによると、「黒人の命は大切」(BLM : Black Lives Matter)運動は、アリシア・ガーザ、パトリッセ・カラーズ、オーパル・トメティの3名の呼びかけによって作られたものだ。

このうちの1人のパトリッセ・カラーズが2015年に「特に自分とアリシアは訓練された活動家」で、「私たちはマルキストだ」と語っているのがわかった。

つまり、「黒人の命は大切」は共産主義者が創設した大衆団体だということになる。

カラーズは2018年に「人があなたをテロリストと呼ぶ時 BLM運動回想録」(When They Call You a Terrorist: A Black Lives Matter Memoir)という本を出版し、出版に際してのインタビューでマルクス主義のイデオロギーを紹介し、親しみを感じていることを率直に述べている。

なお、この本は、ニューヨーク・タイムズの推薦図書扱いになり、タイム誌のベスト回想録にも選ばれている。

「リベラル」派ジャーナリズムと左翼運動の親和性の高さは、こういうところに表れている。
 
カラーズは、真っ先にやることはイデオロギー的な枠組みを持つことだという。

マルクス主義のイデオロギーの枠組みに当てはめるように運動を形成していくことを、彼女は率直に語っているわけだ。

彼女はCNNの番組に出演して、「自分たちのゴールは、トランプを追い出すことだ」とも述べている。

なお、彼女をマルキストとして鍛えたエリック・マンは、FBIが国内のテロ団体として指定している”Weather Underground”の活動家である。

さて、彼女たちがマルクス主義者たちであることは、トランプ政権はとっくに知っていることだろう。

それでいて、彼女たちはトランプ政権に弾圧されることなく、自由に本を出版し、運動を展開することができている。

メジャーなテレビ番組に出演して、自由に発言もさせてもらえている。

こうした事実は「国家権力による許しがたい弾圧」が虚像であることを明瞭に物語っていると言えるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブライトバートの記事
https://www.breitbart.com/politics/2020/06/19/black-lives-matter-co-founder-our-goal-is-to-get-trump-out/#
https://www.breitbart.com/politics/2020/06/24/black-lives-matter-founder-mentored-by-ex-domestic-terrorist-who-worked-with-bill-ayers/
ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/06/25/blm-co-founder-describes-herself-as-trained-marxist/
画像も同記事から
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/06/200625-patrisse-cullors1.jpg?quality=90&strip=all&w=618&h=410&crop=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ
  3. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の外貨準備は危機的状況に 資金流出への規制をさらに強化
  5. 経済

    さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)
PAGE TOP