安全保障

「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウィキペディアによると、「黒人の命は大切」(BLM : Black Lives Matter)運動は、アリシア・ガーザ、パトリッセ・カラーズ、オーパル・トメティの3名の呼びかけによって作られたものだ。

このうちの1人のパトリッセ・カラーズが2015年に「特に自分とアリシアは訓練された活動家」で、「私たちはマルキストだ」と語っているのがわかった。

つまり、「黒人の命は大切」は共産主義者が創設した大衆団体だということになる。

カラーズは2018年に「人があなたをテロリストと呼ぶ時 BLM運動回想録」(When They Call You a Terrorist: A Black Lives Matter Memoir)という本を出版し、出版に際してのインタビューでマルクス主義のイデオロギーを紹介し、親しみを感じていることを率直に述べている。

なお、この本は、ニューヨーク・タイムズの推薦図書扱いになり、タイム誌のベスト回想録にも選ばれている。

「リベラル」派ジャーナリズムと左翼運動の親和性の高さは、こういうところに表れている。
 
カラーズは、真っ先にやることはイデオロギー的な枠組みを持つことだという。

マルクス主義のイデオロギーの枠組みに当てはめるように運動を形成していくことを、彼女は率直に語っているわけだ。

彼女はCNNの番組に出演して、「自分たちのゴールは、トランプを追い出すことだ」とも述べている。

なお、彼女をマルキストとして鍛えたエリック・マンは、FBIが国内のテロ団体として指定している”Weather Underground”の活動家である。

さて、彼女たちがマルクス主義者たちであることは、トランプ政権はとっくに知っていることだろう。

それでいて、彼女たちはトランプ政権に弾圧されることなく、自由に本を出版し、運動を展開することができている。

メジャーなテレビ番組に出演して、自由に発言もさせてもらえている。

こうした事実は「国家権力による許しがたい弾圧」が虚像であることを明瞭に物語っていると言えるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブライトバートの記事
https://www.breitbart.com/politics/2020/06/19/black-lives-matter-co-founder-our-goal-is-to-get-trump-out/#
https://www.breitbart.com/politics/2020/06/24/black-lives-matter-founder-mentored-by-ex-domestic-terrorist-who-worked-with-bill-ayers/
ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/06/25/blm-co-founder-describes-herself-as-trained-marxist/
画像も同記事から
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/06/200625-patrisse-cullors1.jpg?quality=90&strip=all&w=618&h=410&crop=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)
  2. 未分類

    トランプ当選決定! 中間集計から明らか!(朝香 豊)
  3. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
  4. 中国

    南アフリカ起源の新種は「オミクロン株」と命名! ここに習近平への忖度があったのか…
  5. 人権・民主主義

    監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前…
PAGE TOP