経済

ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツのフィンテック企業(金融技術企業)で、ソフトバンクグループが1000億円出資しているWirecardが破綻した。

同社の会計に対する疑義は、フィナンシャル・タイムズが繰り返し報道していたが、事実上無視されてきた。

売上の2/3が水増しだったのではないかとの話も出てきて、同社を監査してきた監査法人のアーンスト・アンド・ヤングは絶対的な危機に陥った。

ご存じの方も多いと思うが、アーンスト・アンド・ヤングは世界4大監査法人の一角である。

アメリカのエネルギー企業のエンロンの不正会計事件では、大手監査法人のアーサー・アンダーセンが解体されるに至ったが、同様に今回の事件でアーンスト・アンド・ヤングも解体される可能性が急浮上してきた。

少なくとも、アーンスト・アンド・ヤングには訴訟の嵐が待っているのは確実だ。

ドイツ金融監督庁(ドイツ連邦金融サービス監督庁)に対する打撃も強烈だ。

同監督庁はこの問題を追及していたフィナンシャル・タイムズの記者に株価操縦の疑いをかけ、刑事告発まで行っていたのだ。

要するに、事前に仲間にカラ売りを仕掛けさせて、事実に基づかない情報を流して株価を急落させ、莫大な利益を生み出すのに利用したのではないのか、というわけだ。(カラ売りだと、株価が値下がりすると利益が出る仕組みになっている)

そこまで疑いながら、肝心のWirecardの調査を十分には行っていなかったことが発覚したともいえる。

なお、ドイツ金融監督庁はドイツ銀行の監督にも甘い姿勢を示してきたことでも知られている。

同監督庁をかばう姿勢を見せていたドイツのショルツ財務相も、最終的には金融規制の抜本的見直しを表明せざるをえなくなった。

経営悪化に苦しんでいるソフトバンクグループに対する打撃も絶大であろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/wirecard-breakingviews-idJPKBN23U0FC
https://jp.reuters.com/article/wirecard-accounts/update-3-the-moneys-gone-wirecard-collapses-owing-4-billion-idUKL8N2E21UT
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/db/Internet_World_Fair_2017_%2803%29.jpg/1280px-Internet_World_Fair_2017_%2803%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 人権・民主主義

    香港立法会選挙1年延期! 進む中国の切り離し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  4. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

    中国人民銀行(中国の中央銀行)は人民元のデジタル通貨化を急…

  5. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  6. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 …
  3. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)
PAGE TOP