経済

ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツのフィンテック企業(金融技術企業)で、ソフトバンクグループが1000億円出資しているWirecardが破綻した。

同社の会計に対する疑義は、フィナンシャル・タイムズが繰り返し報道していたが、事実上無視されてきた。

売上の2/3が水増しだったのではないかとの話も出てきて、同社を監査してきた監査法人のアーンスト・アンド・ヤングは絶対的な危機に陥った。

ご存じの方も多いと思うが、アーンスト・アンド・ヤングは世界4大監査法人の一角である。

アメリカのエネルギー企業のエンロンの不正会計事件では、大手監査法人のアーサー・アンダーセンが解体されるに至ったが、同様に今回の事件でアーンスト・アンド・ヤングも解体される可能性が急浮上してきた。

少なくとも、アーンスト・アンド・ヤングには訴訟の嵐が待っているのは確実だ。

ドイツ金融監督庁(ドイツ連邦金融サービス監督庁)に対する打撃も強烈だ。

同監督庁はこの問題を追及していたフィナンシャル・タイムズの記者に株価操縦の疑いをかけ、刑事告発まで行っていたのだ。

要するに、事前に仲間にカラ売りを仕掛けさせて、事実に基づかない情報を流して株価を急落させ、莫大な利益を生み出すのに利用したのではないのか、というわけだ。(カラ売りだと、株価が値下がりすると利益が出る仕組みになっている)

そこまで疑いながら、肝心のWirecardの調査を十分には行っていなかったことが発覚したともいえる。

なお、ドイツ金融監督庁はドイツ銀行の監督にも甘い姿勢を示してきたことでも知られている。

同監督庁をかばう姿勢を見せていたドイツのショルツ財務相も、最終的には金融規制の抜本的見直しを表明せざるをえなくなった。

経営悪化に苦しんでいるソフトバンクグループに対する打撃も絶大であろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/wirecard-breakingviews-idJPKBN23U0FC
https://jp.reuters.com/article/wirecard-accounts/update-3-the-moneys-gone-wirecard-collapses-owing-4-billion-idUKL8N2E21UT
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/db/Internet_World_Fair_2017_%2803%29.jpg/1280px-Internet_World_Fair_2017_%2803%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)

    「中国のGoogle」とも呼ばれる「百度」(バイドゥ)の経営が…

  3. 経済

    牛肉も牛乳もダメ? SDGsが求める未来!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨今…

  4. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)

    日本マイクロソフトは8月に、試験的に週休3日制を実施したところ…

  5. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  6. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)

    中国企業のハイテク分野の研究開発費が、過去5年で70%以上も増…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)
  2. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
PAGE TOP