安全保障

ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州第13巡回裁判所のケビン・エルゼンハイマー判事は、マシュー・デペルノ弁護士が求めていたアントリム郡の16台のドミニオン投票集計機に関して犯罪捜査的な調査を行なった結果について、公表することを認めた。

ミシガン州政府は、調査結果の公表はドミニオン投票集計機を使って今後選挙を行う際にその弱点を晒すことになるので、公表を認めないという立場に立っていた。その上で、デペルノ弁護士に様々な圧力を掛けて調査結果の公表をやめさせようと画策してきたが、その努力は実らなかったことになる。

ドミニオン投票集計機の調査を行ったアライド・セキュリティー・オペレーションズ・グループのラッセル・ラムズランド氏は「ドミニオンは組織的な不正を生み出して選挙結果に影響を与えられるよう意図的に設計されている」と述べている。

ラムズランド氏によると、アントリム郡のサーバーの集計ログによれば、15,676件の投票のうち、約68%がエラーとして、つまり本来トランプ票であるべきところをバイデン票として記録されたことになる。

これらを示す具体的な証拠が今後オープンにされていくことになる。

面白い展開になってきた。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/14/michigan-judge-approves-release-of-dominion-forensic-audit-in-antrim-county/-county-michigan-audit-result-massive-ballots-counted-and-approved-in-spain-or-germany/
www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/dominion-software-intentionally-designed-to-influence-election-results-forensics-report_3617675.html?utm_source=news&utm_medium=email&utm_campaign=breaking-2020-12-14-2
ドミニオン投票集計機の引用画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2020/12/14/voting-machine-700×420.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾総統…

  3. 安全保障

    北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  4. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  5. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    米共和党のマコーネル議員、香港市民を支持する声明をトランプ大統領に求める!(朝香…
  5. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)
PAGE TOP