安全保障

ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州第13巡回裁判所のケビン・エルゼンハイマー判事は、マシュー・デペルノ弁護士が求めていたアントリム郡の16台のドミニオン投票集計機に関して犯罪捜査的な調査を行なった結果について、公表することを認めた。

ミシガン州政府は、調査結果の公表はドミニオン投票集計機を使って今後選挙を行う際にその弱点を晒すことになるので、公表を認めないという立場に立っていた。その上で、デペルノ弁護士に様々な圧力を掛けて調査結果の公表をやめさせようと画策してきたが、その努力は実らなかったことになる。

ドミニオン投票集計機の調査を行ったアライド・セキュリティー・オペレーションズ・グループのラッセル・ラムズランド氏は「ドミニオンは組織的な不正を生み出して選挙結果に影響を与えられるよう意図的に設計されている」と述べている。

ラムズランド氏によると、アントリム郡のサーバーの集計ログによれば、15,676件の投票のうち、約68%がエラーとして、つまり本来トランプ票であるべきところをバイデン票として記録されたことになる。

これらを示す具体的な証拠が今後オープンにされていくことになる。

面白い展開になってきた。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/14/michigan-judge-approves-release-of-dominion-forensic-audit-in-antrim-county/-county-michigan-audit-result-massive-ballots-counted-and-approved-in-spain-or-germany/
www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/dominion-software-intentionally-designed-to-influence-election-results-forensics-report_3617675.html?utm_source=news&utm_medium=email&utm_campaign=breaking-2020-12-14-2
ドミニオン投票集計機の引用画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2020/12/14/voting-machine-700×420.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)

    香港中文大学で校長と学生との公開対話が行われた。この席…

  3. 道理

    ワシントン像もジェファーソン像も引き倒される! BLM運動の異常性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    恐らく、北朝鮮でも新型コロナウイルスが拡散!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ラジ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    イラン、ついに撃墜を認める! ウクライナ機!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)
  3. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)
  4. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)
PAGE TOP