人権・民主主義

香港の高度な自治は衰退したと、米国務次官補!(朝香 豊)

アメリカのスティルウェル国務次官補は、中国政府が軍による介入を辞さない構えを見せていることなども踏まえて、香港の高度な自治について「衰退した」との認識を示した。

中国人民解放軍が清掃活動という名目で香港の路上にいることにも懸念を示した。

その上で、「平和裏に問題が解決しなかった場合に我々がどのような手段を取るべきか理解することに多くの時間を費やしている」と述べ、天安門事件のように中国政府が武力でデモ鎮圧を図った場合の対応策の検討を急いでいることを示した。

香港について、アメリカがあらゆる事態を想定して動きを強めていることがうかがえる。

まずは本日24日の区議会議員選挙が無事に行われ、投開票が公平に行われることを期待するのみだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元の日経新聞の記事https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52549670U9A121C1I00000/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?

    「辞めさせてもらえるなら、辞めて謝罪したい」、「行政長官は…

  2. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)

    最近、中国の人権問題に厳しい報道を続けるBBCが、国際調査報道…

  3. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  4. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  5. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  2. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(…
  3. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
  4. 道理

    基本的豚権の侵害! 麻酔なしの豚の去勢はやめろ!?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊…
PAGE TOP