人権・民主主義

香港の高度な自治は衰退したと、米国務次官補!(朝香 豊)

アメリカのスティルウェル国務次官補は、中国政府が軍による介入を辞さない構えを見せていることなども踏まえて、香港の高度な自治について「衰退した」との認識を示した。

中国人民解放軍が清掃活動という名目で香港の路上にいることにも懸念を示した。

その上で、「平和裏に問題が解決しなかった場合に我々がどのような手段を取るべきか理解することに多くの時間を費やしている」と述べ、天安門事件のように中国政府が武力でデモ鎮圧を図った場合の対応策の検討を急いでいることを示した。

香港について、アメリカがあらゆる事態を想定して動きを強めていることがうかがえる。

まずは本日24日の区議会議員選挙が無事に行われ、投開票が公平に行われることを期待するのみだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元の日経新聞の記事https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52549670U9A121C1I00000/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)

    中国政府は、香港に呼び鈴を送った人を逮捕した。呼び鈴に…

  2. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)

    中国でもっとも多くダウンロードされているアプリは「学習強国」と…

  3. Featured Video Play Icon
  4. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)

    韓国で、チョ・グク法相を支持する大規模デモが開かれた。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  4. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
PAGE TOP