安全保障

「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮について「この地域で最も差し迫った脅威だ」と述べた。

非核化をめぐる協議でアメリカに譲歩を迫りつつ、ミサイル発射などの挑発行為が続いていることを踏まえて、「どのような事態にも備えることが重要であることを示すものだ」とし、在韓米軍の即応体制を維持する考えを強調した。

こうした発言が出ることからすると、北朝鮮のミサイル発射などに鷹揚な態度を見せてきた従来のアメリカの路線が、修正されてきているものと思われる。

また中国については、「中国海軍によるこの30か月間の海外展開は過去30年間の合計よりも多い」と述べ、中国がアジアだけでなく、ヨーロッパやアフリカでも軍の活動を活発化させていることに警鐘を鳴らした。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元のNHKの記事https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191124/k10012189071000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  4. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  5. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6時…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)
  2. 経済

    欧州中央銀行のドラギ総裁が、積極財政に言及!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    水害被災者にバキュームカーで給水! 中国!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    究極の逆転劇(修正版)! トランプ勝利への道2!(朝香 豊)
PAGE TOP