安全保障

ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

デンマークの通信業界分析企業であるストランド・コンサルト社は、「中国問題の議論に未熟な見方が多く、主要技術を独裁国家に渡すことの影響を深く考えていない」との警告を行った。

ストランド社は、ファーウェイの驚異的な成功は、技術窃盗と関係しているとしている。

また、ファーウェイの製品が最も優れているというのは中国官製メディアが垂れ流したもので、本当かどうかの検証をおこなっていない未確認の主張だが、多くのジャーナリストやメディアを誤解させることに成功したとも指摘している。

こうしたことの影響が、移動体通信事業者の関連団体であるGSMAの主張に表れていると、注意喚起した。

GSMAはファーウェイのサプライヤーから資金提供を受けており、その主張には注意が必要だともいう。

GSMAは、ヨーロッパが5Gのネットワークを構築する際に、ファーウェイなどの中国企業を排除すれば、費用は620億ドル増加し、ネットワーク配備が18カ月遅れると警告した。

ストランド社はこの主張を斥け、費用の差は35億ドルにすぎないとした。

またストランド社は、中国製機器の問題を取り上げる際に、これまではファーウェイに焦点を当ててきたが、TikTok、TCL集団、中国企業に買収されたレックスマークやレノボ、にも広げるべきだとした。

ヨーロッパでの5Gネットワーク構築の議論の見直しにつながることを期待する。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50746.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!韓国の…

  2. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    台湾の国防能力の大幅強化! 米、台湾への1900億円の武器売却!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝…
  2. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)
  3. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)
PAGE TOP