安全保障

ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

デンマークの通信業界分析企業であるストランド・コンサルト社は、「中国問題の議論に未熟な見方が多く、主要技術を独裁国家に渡すことの影響を深く考えていない」との警告を行った。

ストランド社は、ファーウェイの驚異的な成功は、技術窃盗と関係しているとしている。

また、ファーウェイの製品が最も優れているというのは中国官製メディアが垂れ流したもので、本当かどうかの検証をおこなっていない未確認の主張だが、多くのジャーナリストやメディアを誤解させることに成功したとも指摘している。

こうしたことの影響が、移動体通信事業者の関連団体であるGSMAの主張に表れていると、注意喚起した。

GSMAはファーウェイのサプライヤーから資金提供を受けており、その主張には注意が必要だともいう。

GSMAは、ヨーロッパが5Gのネットワークを構築する際に、ファーウェイなどの中国企業を排除すれば、費用は620億ドル増加し、ネットワーク配備が18カ月遅れると警告した。

ストランド社はこの主張を斥け、費用の差は35億ドルにすぎないとした。

またストランド社は、中国製機器の問題を取り上げる際に、これまではファーウェイに焦点を当ててきたが、TikTok、TCL集団、中国企業に買収されたレックスマークやレノボ、にも広げるべきだとした。

ヨーロッパでの5Gネットワーク構築の議論の見直しにつながることを期待する。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50746.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    習近平が本気でブロックチェーンとデジタル人民元に取り組む方針を表明! (朝香 豊)

    習近平は中国共産党中央委員会のある会議で、「ブロックチェーンを…

  2. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)

    イラン革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は、宿敵イスラエルにつ…

  6. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)
  4. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 …
PAGE TOP