安全保障

ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツが新たにまとめたインド・太平洋戦略で、これまでの中国一辺倒の路線を転換し、日本などの共通の価値観を持つ国との関係強化の方向を打ち出したことがわかった。

経済成長を続ける中で、中国が開かれた民主的な市場になっていくとの期待は完全に裏切られた上に、中国に進出したドイツ企業は技術の移転を迫られてきた。

ウイグル人などの激しい弾圧に加えて、香港の国家安全法施行による一国二制度の破壊など、中国との付き合いが難しくなる事態が激しさを増してきた。

自治が奪われた香港

新興国への過剰な貸付により国家主権を脅かすやり方にも警戒心が高まっている。

借金のかたに99年間中国の咀嚼されることになった、スリランカのハンバントタ港

こういう中で中国への反発はドイツ国内でも高まっており、メルケル政権もこれを無視できなくなってきたということだろう。

ドイツはこの指針をもとに、フランスと協議をしてEU全体のインド・太平洋戦略を考えていく方針のようだ。

ただ、ドイツにとって中国は最大の貿易相手国であり、その存在は大きい。

フォルクスワーゲンが世界で生産する車の4割近くは中国市場で売れており、ダイムラー(ベンツ)もBMWも3割近くは中国市場だ。

仮にこれを失うような事態が発生した場合の打撃は絶大である。

一方、ドイツはアメリカとの関係が非常に悪い。

これはメルケル首相がトランプ大統領を嫌っているというだけでなく、ドイツ国民がアメリカを嫌っている要素も強いのである。

ドイツは仮に中国との距離を置くとしても、だからといってアメリカと一緒になるというのは国情として難しい。

そういう点では隘路にはまり込んだ感じもあるのだろう。

その中でも、脱中国に向けてドイツが一歩踏み出したことは評価したい。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://id.nikkeibp.co.jp/lounge/ep/connect/synchronize/?unfinished_list=nikkei.co.jp$https://id.nikkei.co.jp/lounge/auth/single_sign_on/cookie_synchronization.seam&serial_id_flg=true&serial_id_age=7862400&serial_id_value=5585405382&bsca=&authnstate_flg=true&base_domain=id.nikkei.com&log_key=202009090124357681933257895&login_date=20200908184444&ts=1599582275769
Inober.comからの引用画像(ドイツ)
https://inober.com/assets/hr-topics-germany.png-4933d4b959763f0c49a9306f8ad544edb8148f3464c928b25830a22f1e61767d.jpg
Newsweekからの引用画像(自治が奪われた香港)
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/images/world/2020/05/24/2020-05-24T220914Z_1_LYNXMPEG4N0KA_RTROPTP_3_HONGKONG-PROTESTS.jpg
NHKからの引用画像(ハンバントタ港)
https://livedoor.blogimg.jp/new_nippou/imgs/e/d/eda62477.jpg
日経新聞からの引用画像(ドイツ自動車企業の中国依存)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6358437008092020EA2001-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=ddc066c7c4234b908101048b21215b35

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6時…

  2. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  4. 経済

    アルゼンチンから連鎖危機か?

    アルゼンチン政府が本格的なデフォルト(債務不履行)に陥る可…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    高校生の修学旅行の中国行きを推進! 観光庁はアホか!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 …
PAGE TOP