安全保障

TikTokなどの中国アプリの利用制限! 自民党が提言へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

動画投稿アプリ”TikTok”を念頭に、中国製アプリによる個人情報の漏洩を防ぐため、甘利明氏を会長とする自民党の「ルール形成戦略議員連盟」が政府に示す提言案をまとめた。

安全保障上の懸念からのTikTokなどの中国製アプリの利用制限は、アメリカだけでなく、インド・オーストラリア・イギリスなどでも動き出しており、この流れに日本も乗ったということとして理解すればよいだろう。

“TikTok”を使用してテキスト入力をしている時に、クリップボードのデータを”TikTok”が読み込むという怪しげな行動をしているのが観測されている。

クリップボードの中身を勝手にコピーするTikTok

こうした情報が中国政府に筒抜けになることも覚悟しなければならない。

“TikTok”側は中国政府にユーザーデータを提供したことはないし、要請があっても提供しないと述べているが、中国には「国家情報法」があり、国家情報活動への協力が義務付けられている以上、”TikTok”側の話を信用するわけにはいかない。

“TikTok”の問題は、”TikTok”に登録されている情報が漏れるだけではない。

“TikTok”がインストールされていると、”TikTok”以外のアプリの情報まで抜き取られる危険性も指摘されている。

“TikTok”にはバックドア的な仕組み(ユーザーではない人が裏口から入り込んでアプリを勝手に操作できる仕組み)があることも指摘されている。

生体情報やパスワードを読み取って無断で新規アカウントを作るといったことが発覚したことで、アメリカでは集団訴訟が提起されている。

こうした”TikTok”の問題を理解した上で、「ルール形成戦略議員連盟」は、”TikTok”以外のアプリについても対応できるような提言をまとめている。

具体的には、問題発生時に国家安全保障局(NSS)や内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)などがアプリ提供者への立ち入り検査などを実施できるように環境整備をすすめる。

中国の「国家情報法」を念頭に、他国の法令が適用されるか否かをアプリ提供者が明確にする。

世界最高水準とされる米国国立標準技術研究所(NIST)と同等のサイバーセキュリティー基準の採用を求める。

日本でもようやく世界標準に近い議論が進むようになってきたことを歓迎したい。

なお、”TikTok”の問題点については、WiLL10月号に渡邉哲也氏が甘利明氏を相手に行ったインタビュー記事でも詳述されている。(同記事の内容もこの記事に使わせてもらっている。)

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://special.sankei.com/a/politics/article/20200910/0002.html
ネタ元のインターネットウォッチの記事
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1261591.html
ニッポン放送NEWS ONLINEの記事
https://news.1242.com/article/237654
WiLL10月特大号
http://web-wac.co.jp/magazine/will/2020年10月特大号
サンケイビズからの引用画像(甘利明)
https://www.sankeibiz.jp/images/news/200403/mca2004031939024-p1.jpg
X box & play games からの引用画像(TikTok)
https://e00-marca.uecdn.es/assets/multimedia/imagenes/2020/01/28/15802459449976.jpg
Fixing Portからの引用画像(TikTok-Copying-Clipboard-Image)
https://fixingport.com/wp-content/uploads/2020/06/TikTok-Copying-Clipboard-Image.jpeg
ポリテクスエンターからの引用画像(国家情報法)
https://politicsenter.com/wp-content/uploads/2018/12/DuTo3KuVYAEFxoG-300×177.jpg
Security Affairsからの引用画像(NIST-CyberSecurity-Framework)
https://i2.wp.com/securityaffairs.co/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/NIST-CyberSecurity-Framework.png?resize=695%2C437
Amazonからの引用画像(WiLL10月特大号)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Cn67vx+jL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  2. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)
PAGE TOP