経済

マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)


人気ブログランキング

デンマークのダンスケ銀行の2000億ユーロ(22兆円)規模のマネーロンダリング疑惑を巡り、米司法省がここ数週間、ドイツ銀行の関与に関する調査を拡大させている。

ロシアのマネーロンダリングの窓口として、ダンスケ銀行のエストニア支店が使われていたのは、公然の秘密であった。

同支店の収益の9割がこうしたマネーロンダリングによるものと言われ、ダンスケ銀行がこの問題に深く関わっていたのは疑いようがない。

そしてここには、ドイツ銀行も深く関与していたのも間違いない。

海外送金を行うにはコルレス銀行と呼ばれる特別に選ばれた銀行を経由するしかなく、ダンスケ銀行が利用していたコルレス銀行はドイツ銀行であったからだ。

ダンスケ銀行のエストニア支店の異常さに気づかないまま、ドイツ銀行が海外送金業務を行っていたとは考えられない。

仮にそうだとしても、重過失は免れない。

この問題について、アメリカの司法省がドイツ銀行への調査を拡大させている。

ドイツ銀行への巨額の罰金が課せられることになるのは、ここまま行けば必然だ。

アメリカはこの問題をどのようにカードとして利用するのだろうか。

ヨーロッパでの5Gをめぐるファーウェイ排除の動きと絡めてくるのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキング

ネタ元のロイターの記事https://jp.reuters.com/article/deutsche-bank-money-laundering-idJPKBN1Y60O6

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)

    囲み枠b人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いしま…

  3. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)

    日本マイクロソフトは8月に、試験的に週休3日制を実施したところ…

  4. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)

    韓国経済にデフレの浪が襲っている。国民の貧困化→販売不…

  6. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「アンティファ」のテロ組織指定は難しい! それでもバイデン氏には厳しい!(朝香 …
  3. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)
  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)…
  5. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)
PAGE TOP