経済

マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)


人気ブログランキング

デンマークのダンスケ銀行の2000億ユーロ(22兆円)規模のマネーロンダリング疑惑を巡り、米司法省がここ数週間、ドイツ銀行の関与に関する調査を拡大させている。

ロシアのマネーロンダリングの窓口として、ダンスケ銀行のエストニア支店が使われていたのは、公然の秘密であった。

同支店の収益の9割がこうしたマネーロンダリングによるものと言われ、ダンスケ銀行がこの問題に深く関わっていたのは疑いようがない。

そしてここには、ドイツ銀行も深く関与していたのも間違いない。

海外送金を行うにはコルレス銀行と呼ばれる特別に選ばれた銀行を経由するしかなく、ダンスケ銀行が利用していたコルレス銀行はドイツ銀行であったからだ。

ダンスケ銀行のエストニア支店の異常さに気づかないまま、ドイツ銀行が海外送金業務を行っていたとは考えられない。

仮にそうだとしても、重過失は免れない。

この問題について、アメリカの司法省がドイツ銀行への調査を拡大させている。

ドイツ銀行への巨額の罰金が課せられることになるのは、ここまま行けば必然だ。

アメリカはこの問題をどのようにカードとして利用するのだろうか。

ヨーロッパでの5Gをめぐるファーウェイ排除の動きと絡めてくるのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキング

ネタ元のロイターの記事https://jp.reuters.com/article/deutsche-bank-money-laundering-idJPKBN1Y60O6

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 経済

    8月の訪日韓国人客が昨年比48%減と、朝日新聞が大々的に取り上げる! (朝香 豊)

    確かに朝日新聞が大々的に取り上げた通り、8月の韓国からの訪日観…

  2. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

  3. 安全保障

    政府の「エネルギー基本計画」を変えよう!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  6. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ドミニオンの犯罪調査が認められる! ミシガン州で大前進!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
  3. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(…
  5. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
PAGE TOP