経済

マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)


人気ブログランキング

デンマークのダンスケ銀行の2000億ユーロ(22兆円)規模のマネーロンダリング疑惑を巡り、米司法省がここ数週間、ドイツ銀行の関与に関する調査を拡大させている。

ロシアのマネーロンダリングの窓口として、ダンスケ銀行のエストニア支店が使われていたのは、公然の秘密であった。

同支店の収益の9割がこうしたマネーロンダリングによるものと言われ、ダンスケ銀行がこの問題に深く関わっていたのは疑いようがない。

そしてここには、ドイツ銀行も深く関与していたのも間違いない。

海外送金を行うにはコルレス銀行と呼ばれる特別に選ばれた銀行を経由するしかなく、ダンスケ銀行が利用していたコルレス銀行はドイツ銀行であったからだ。

ダンスケ銀行のエストニア支店の異常さに気づかないまま、ドイツ銀行が海外送金業務を行っていたとは考えられない。

仮にそうだとしても、重過失は免れない。

この問題について、アメリカの司法省がドイツ銀行への調査を拡大させている。

ドイツ銀行への巨額の罰金が課せられることになるのは、ここまま行けば必然だ。

アメリカはこの問題をどのようにカードとして利用するのだろうか。

ヨーロッパでの5Gをめぐるファーウェイ排除の動きと絡めてくるのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキング

ネタ元のロイターの記事https://jp.reuters.com/article/deutsche-bank-money-laundering-idJPKBN1Y60O6

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    小規模事業者向けの無担保融資を中国政府は奨励! 中国経済の崩壊が進んでいる! (朝香 豊)

    中国の国家発展改革委員会と銀行保険監督管理委員会は共同声明を発…

  2. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  3. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

  4. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)

    EU財務相理事会は、欧州経済が減速する中、財政規律の見直しの議…

  5. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 …
  4. 安全保障

    TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香…
  5. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)
PAGE TOP