経済

中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の黒竜江省にある「鶏西新聞グループ」は、地方政府が運営している国有企業である。新聞だけでなく、ラジオ局、テレビ局も持つマスメディアだ。

ここで働く社員のうち、約半数が2019年の給料が未払いになっていることが明らかになった。

中国では地方から来ている出稼ぎ労働者(農民工)に対して、民間企業が賃金をきちんと支払わないというケースはがかなり広がっている。

公務員の場合でも、教師に給料が支払われないといった問題は、度々起こってきた。

だが、これまではマスメディア、特にテレビ局は、十分な広告収入があって、給与の支払い余力がある方だと見なされていた。

ところが、この鶏西新聞グループだけでなく、「チチハルテレビ局」とか「大慶日報」などでも同様の問題が起こり、会社の前で横断幕を掲げるようなデモ行為を行っている。

景気の悪化によって、広告費を掛ける企業が減っていることが背景にあると思われる。

今年は「北京晨報」「法制晩報」が休刊になり、「黒竜江晨報」、「新晨報」、「贛州晚報」、「安陽晩報」などメディア十数社が、年内いっぱいか、新年の元日を最後に営業を停止することを決めている。

また、地方政府はこれまで、不動産投資会社を設立して、これが高収益を生み出すことで地方財政を賄ってきたが、このバブリーな運営システムが逆に地方政府を苦しめるようになってきた。

不動産バブルが崩壊してきたからだ。

来年の春節(旧正月)の休暇は1月24日から30日までだが、この休暇に合わせて田舎に戻った農民工が職場に戻ってきた時に、賃金未払いのまま経営者が高飛びするケースが例年以上に頻発することが予想される。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの動画

画像も同記事から
https://i.ytimg.com/vi/nynmW4nK9F4/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    出光と東レ、世界最高レベルの次世代有機EL技術開発!(朝香 豊)

    出光興産と東レは、次世代有機ELの素子開発で世界最高レベル…

  2. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    レバノンで反政府デモと治安部隊が激突! 400人負傷!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カル…

  5. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!

    ブレグジットを巡って、EUのバルニエ首席交渉官は、英国が当…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国は医療物資の不足が深刻! だが、海外支援は求めず! それよりメンツ!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
  5. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊…
PAGE TOP