安全保障

ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ポンペオ国務長官は、コペンハーゲン民主主義サミットで中国を激しく批判し、ヨーロッパ諸国に民主主義を大切にする見地で結束するように求めた。

ポンペオ国務長官の演説の概略は、以下のようなものだ。

———————–
西側諸国は中国を受け入れていけば、中国に変化が見られるようになると考えてきたが、香港の自由の弾圧や南シナ海の海洋侵略やインドとの国境紛争に見られるように、それは幻想に終わった。

中国はWHOを利用しながら新型コロナウイルスを世界中に広げ、多くの人命を奪っただけでなく、世界経済に多大な損害を与えた。

中国共産党はファーウェイ機器を使うように圧力をかけ、ヨーロッパにある港湾などの重要インフラを買い上げることで、ヨーロッパの主権を侵害している。

同じような中国共産党による侵食は、ヨーロッパだけでなく、全世界的に行われている。

中国の国有企業のあらゆる投資は、疑いの目で見ておかなければならない。

中国がヨーロッパ諸国にアメリカと中国の間の選択を迫っているのは、実はアメリカと中国との選択ではなく、自由と暴政との選択だ。

この選択でどっちつかずの態度を取ることはできない。

独裁に依存する民主主義はその名に値しない。

民主主義は簡単ではなく、適切な管理と絶えざる用心が求められるが、強力なものだ。

我々はファシズムを打ち負かし、冷戦に勝利した。

これに対して独裁体制は弱い。

アメリカはヨーロッパとともに立ち上がる準備はできている。
———————–

アメリカの決然とした姿勢は頼もしい。

自由と暴政の選択で、どっちつかずの態度を取ることはもはやできないというのが、アメリカが放つ強いメッセージだ。

日本の政界人も財界人も、このポンペオ演説のメッセージをしっかりと心に刻むべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のアメリカ国務省の発表
https://www.state.gov/secretary-michael-r-pompeo-at-the-virtual-copenhagen-democracy-summit/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

  2. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

  3. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  4. 安全保障

    韓国の北朝鮮への有償融資9億ドル余、返済は240万ドルのみ!(朝香 豊)

    韓国が北朝鮮を支援するために設立している南北協力基金で、有償支…

  5. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国ウイグル族活動家親族の迫害で、ポンペオ国務長官が懸念を表明! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 …
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)
PAGE TOP