安全保障

ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ポンペオ国務長官は、コペンハーゲン民主主義サミットで中国を激しく批判し、ヨーロッパ諸国に民主主義を大切にする見地で結束するように求めた。

ポンペオ国務長官の演説の概略は、以下のようなものだ。

———————–
西側諸国は中国を受け入れていけば、中国に変化が見られるようになると考えてきたが、香港の自由の弾圧や南シナ海の海洋侵略やインドとの国境紛争に見られるように、それは幻想に終わった。

中国はWHOを利用しながら新型コロナウイルスを世界中に広げ、多くの人命を奪っただけでなく、世界経済に多大な損害を与えた。

中国共産党はファーウェイ機器を使うように圧力をかけ、ヨーロッパにある港湾などの重要インフラを買い上げることで、ヨーロッパの主権を侵害している。

同じような中国共産党による侵食は、ヨーロッパだけでなく、全世界的に行われている。

中国の国有企業のあらゆる投資は、疑いの目で見ておかなければならない。

中国がヨーロッパ諸国にアメリカと中国の間の選択を迫っているのは、実はアメリカと中国との選択ではなく、自由と暴政との選択だ。

この選択でどっちつかずの態度を取ることはできない。

独裁に依存する民主主義はその名に値しない。

民主主義は簡単ではなく、適切な管理と絶えざる用心が求められるが、強力なものだ。

我々はファシズムを打ち負かし、冷戦に勝利した。

これに対して独裁体制は弱い。

アメリカはヨーロッパとともに立ち上がる準備はできている。
———————–

アメリカの決然とした姿勢は頼もしい。

自由と暴政の選択で、どっちつかずの態度を取ることはもはやできないというのが、アメリカが放つ強いメッセージだ。

日本の政界人も財界人も、このポンペオ演説のメッセージをしっかりと心に刻むべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のアメリカ国務省の発表
https://www.state.gov/secretary-michael-r-pompeo-at-the-virtual-copenhagen-democracy-summit/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)

    食欲不振と腹痛などの症状を訴えた中国人の少女が病院で診察を受け…

  4. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  6. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在仏…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)
  3. 経済

    FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
  5. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
PAGE TOP