安全保障

リトアニアが中国との経済協力枠組みから離脱! EU対中国を象徴!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

リトアニアのランズベルギス外相は、中東欧17カ国と中国との経済協力枠組み「17+1」から離脱したことを公表し、他の国も「17+1」から離脱するように促した。この枠組はできてから10年目に入った中国主導のブロックで、参加しているヨーロッパ諸国は旧ソ連圏に属していた国が多い。リトアニアは3月に台湾に通商代表事務所を開設することを決めたほか、リトアニア議会は5月20日にウイグルでの「ジェノサイド」を認定する決議を可決していることでも知られる。

ランズベルギス外相は、「27のEU加盟国がEUの政府機関とともに行動する時、EUは最強になる」「27カ国の団結は、EUと外部のパートナーとの関係をうまくいくようにさせる鍵である。中国との関係も例外ではない」と述べた。

このリトアニアの動きはEUと中国との最近の関係を象徴するものとなっている。EUは昨年の12月にEU中国投資協定締結で合意に至り、議会の同意を残すのみとなっていた。だが、ウイグルの人権問題に関してEUが実質的には形ばかりの対中制裁を実施しただけのことが、思いがけない中国の過剰反応を招くことになった。中国がEUに対して報復制裁を加えたことから、EU側もEU市民の手前引っ込みがつかない状態になった。EU議会は投資協定の承認手続きを「凍結」するとの決議を、賛成599、反対30で可決した。中国の報復制裁は根拠がなく恣意的なもので、言論の自由への攻撃に等しいとして、EU議会は強く中国を非難した。

習近平政権による上から目線の戦狼外交姿勢がEU市民の間に余計な摩擦を生んでいるわけだ。今後中国側がウイグルや香港の人権状況の改善に動くことは考えにくく、中国とEUとの関係改善が進んで経済的な結びつきを深めることは今後は考えにくくなった。

中国はまた、中国のCO2放出に批判的な姿勢を示したスウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥンベリ氏に対しても噛み付いた。トゥンベリ氏を支援してきた環境保護系の法律事務所「アースジャスティス」と中国との間には深い関係があることが指摘され、米下院天然資源委員会は外国代理人登録法に基づき、「アースジャスティス」を「外国代理人」(中国の主張の代弁者)として登録する可能性を示唆してきたほどだ。こうしたことが関係してか、トゥンベリ氏が中国批判をすることはこれまでなかった。

それゆえに中国の二酸化炭素年間排出量が2019年にはすべての先進国の合計排出量を上回ったとの報道を受けて、トゥンベリ氏がこれまで見られなかった中国批判を行ったのは、中国側にすると「裏切り」のように見えたのかもしれない。中国共産党系の新聞「チャイナ・デイリー」は驚くことにトゥーンベリ氏の太めになった体型をあざ笑い、「彼女はベジタリアンと主張しているが、成長状態から察するに、彼女の二酸化炭素排出量は少なくない」との「批判」を行った。これに対してトゥーンベリ氏は「中国の国営メディアから太っていると辱められたことは、私の基準から見てもかなり奇妙な体験である。私の履歴書に必ず記すことにする」との回答をツイッターを通じて行った。

トゥンベリ氏がスウェーデン人であることから、この一連のやり取りがEU市民に対して中国に対する圧倒的な不快感を与えたのは間違いないだろう。体型を揶揄したことも人権に敏感なEU市民には到底受け入れがたいものだろう。

オンライン形式で行われた世界保健サミットの場で、EUと中国はアフリカをはじめとする発展途上国の支援においても対決姿勢を見せた。EUが低所得国に対し1億回分のワクチン提供を表明し、アフリカでのワクチン製造拠点整備に投資するとの姿勢を見せたことに対して、中国共産党の習近平総書記は「われわれは各種の政治問題化に断固反対する」と反発した。そしてワクチン特許権の一時放棄を求めることに賛同する姿勢を見せ、これに難色を示すEUに対して揺さぶりをかけた。

さて今後、リトアニアに追随する国がさらに現れ、それに対して中国がまた過剰反応を示すというようなことが続くことが予想され、そうしたことが起こるたびにEU市民の間での反中国感情は高まることになる。EU内の経済界が中国との関係強化を望んだとしても、これが進む条件は消えたと見るべきである。

こうした感情的なしこりからEU側が中国側の弱点を今後探すようになるとすれば、中国の各種統計に対して疑念を向ける動きが出てくるかもしれない。これにより中国経済のリアルがわかるようになれば、中国投資を控える動きが強くなり、むしろ中国からの撤退を促す方向につながるだろう。

こうなると「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」(WAC)に記したような流れが現実化していくことになる。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.politico.euの記事
https://www.politico.eu/article/lithuania-pulls-out-china-17-1-bloc-eastern-central-europe-foreign-minister-gabrielius-landsbergis/
news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/9674ef6abac806042974ce2ef7cd7b2e3bc18ccc
www.jiji.comの記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052200399&g=int
www.jiji.comの記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052100300&g=int
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/1081
燃やされる中国国旗の画像
https://i0.wp.com/todayinbermuda.com/wp-content/uploads/2021/05/maxresdefault-15.jpg?resize=696%2C392&ssl=1
ランズベルギス外相の画像
https://img.epochtimes.jp/i/2021/04/06/c_klnjyowtxwgtkou2du5g.jpg
グレタ・トゥーンベリ氏の画像
https://www.tvgroove.com/wp-content/uploads/2020/02/wenn36216021.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!

    北朝鮮が公開した写真によると、9月10日に北朝鮮が発射したミサ…

  2. 経済

    深圳の一等地マンションが1億円の値下がり ! バブル崩壊につながるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!深圳…

  3. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?

    北朝鮮が今日(9月10日)発射した「飛翔体」について、種別や飛…

  4. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!豪雨…

  5. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!訪米…

  6. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米政権内部から親中的考えが消えた! 中国の本質に気付き一枚岩になるアメリカ!(朝…
  2. 道理

    ウイグル自治区の「職業訓練校」が、世銀融資を使ってとんでもないものを購入していた…
  3. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  4. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香…
  5. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝…
PAGE TOP