中国

吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

黒龍江省で新型コロナウイルスによる肺炎が再流行したのに続き、黒龍江省に隣接する吉林省でも流行が再発した。

黒龍江省と接する吉林省の舒蘭市では、新たに11人の感染が確認された。

現地メディアによると、感染者は市外への既往歴はなく、海外からの帰国者との接触歴も今のところはないという。

吉林省トップの巴音朝魯氏は、同市の流行は非常に深刻で、直ちに戦時状態に入ると述べたという。

市内はほぼ封鎖され、市内のすべての公共サービスや娯楽施設が利用できなくなった。

飲食店は店内での飲食が禁止され、テイクアウトへ切り替えられた。

市内の集会は原則として中止だ。

市内のバスはすべて運休で、タクシーの市外への運行も禁止された。

舒蘭行きの鉄道も運休している。

吉林省は北朝鮮と隣接しており、北朝鮮への影響も懸念される。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/56282.html
画像も同上から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/05/11/t_bs7ya0thdf1ubqfy81yb.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    選挙は敗北したが、戦いは続く! トランプ大統領のスピーチ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ダ…

  3. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  4. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  6. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ミネソタ州のBLM運動の創設者が脱退! BLMは黒人の生活向上に実は無関心だと非…
PAGE TOP