安全保障

ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ


アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領というと、昨年10月にハドソン研究所で行われた、事実上の対中宣戦布告のような演説が思い起こさせる。

あのペンス副大統領が再び中国政策の演説を行うことを発表した。

この演説はもともとは6月4日の天安門事件の日にやる予定だったが、その後2度延期されてきたものだ。

新しい演説では、新疆ウイグル自治区での激しい人権抑圧や中国政府の香港政策などを手厳しく批判するものになると見られ、人権や民主主義の問題でも中国を厳しく追及し、中国への国際包囲網を高めていくものとなりそうだ。

さらにポンペオ国務長官も、国連総会の場で中国による新疆ウイグル自治区での住民弾圧を取り上げ、各国に「中国糾弾」を呼びかけていく考えを明らかにした。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!清華…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の高度な自治は衰退したと、米国務次官補!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)
  3. 外交

    さすが、アメリカ! 米国上位500社に台湾との関係強化を求める!(朝香 豊)
  4. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)
PAGE TOP