道理

中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教授が解放され、帰国した。

岩谷教授は、中国の政府系シンクタンク・中国社会科学院近代史研究所の招きで北京を訪れたところ、宿泊先のホテルで突然拘束された。

この事件があって以降、日本国内で中国の習近平国家主席を日本に国賓として招く予定となっていることへの疑問の声が広がり、国会でも山田宏・参議院議員がこの件を質問に取り上げる事態になっていた。

日本国内での反中感情の高まりを恐れたためと思われる。

北大教授が帰ってきても、中国国内にはまだ13名の日本人が容疑理由が曖昧なまま拘束されている。

香港の民主化運動潰しもレベルがさらに引き上げられている。

尖閣諸島への干渉行為も引き続き行われ、中国軍機へのスクランブル発進も過去最高レベルとなっている。

この1件で対中融和姿勢に転じて、習近平国家主席を国賓として迎えるような事態は、断じて許してはならない。

そもそも中国に対しては圧力こそが力になるということが、今回の1件でさらに明らかになったと言えるだろう。

これのネタ元の朝日新聞の記事https://www.asahi.com/articles/ASMCH5DZLMCHUTFK01F.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 豊)

    市場に出回っている電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基…

  2. 人権・民主主義

    州議会のドミニオンの調査要求を拒否! アリゾナ州マリコパ郡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  3. 人権・民主主義

    同一署名の郵便投票が2000通以上! ウィスコンシン州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!不正…

  4. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

  5. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    仁川から45キロの、本来韓国の領土である島に北朝鮮の基地! 韓国政府の北朝鮮に対…
  4. 道理

    私の菅総理に対する評価! 菅総理の総裁選出馬に反対する!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ラトクリフ報告がようやく出る! 遅すぎ!(朝香 豊)
PAGE TOP