道理

中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教授が解放され、帰国した。

岩谷教授は、中国の政府系シンクタンク・中国社会科学院近代史研究所の招きで北京を訪れたところ、宿泊先のホテルで突然拘束された。

この事件があって以降、日本国内で中国の習近平国家主席を日本に国賓として招く予定となっていることへの疑問の声が広がり、国会でも山田宏・参議院議員がこの件を質問に取り上げる事態になっていた。

日本国内での反中感情の高まりを恐れたためと思われる。

北大教授が帰ってきても、中国国内にはまだ13名の日本人が容疑理由が曖昧なまま拘束されている。

香港の民主化運動潰しもレベルがさらに引き上げられている。

尖閣諸島への干渉行為も引き続き行われ、中国軍機へのスクランブル発進も過去最高レベルとなっている。

この1件で対中融和姿勢に転じて、習近平国家主席を国賓として迎えるような事態は、断じて許してはならない。

そもそも中国に対しては圧力こそが力になるということが、今回の1件でさらに明らかになったと言えるだろう。

これのネタ元の朝日新聞の記事https://www.asahi.com/articles/ASMCH5DZLMCHUTFK01F.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも

    これで文政権は終わったね。チョ・グク前大統領府民情…

  2. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?

    英国は香港市民に英国の永住権を認めるのだろうか。英…

  3. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  4. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国は2月段階でワクチン生産! 開発責任の陳薇少将が公言!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)…
PAGE TOP