安全保障

バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンのビジネスのキーパーソンであるトニー・ボブリンスキー氏がバイデン側を裏切った。

これでバイデン一家は終わりだろう。

ボブリンスキー氏は、バイデン側と中国の華信能源(CEFC)との合弁企業として設立されたSinohawk HoldingsのCEOに、バイデン側から担ぎ上げられた人物である。

バイデン側の中国疑惑の文字通り鍵を握る人物だ。

ボブリンスキー氏はニューヨーク・ポストがスクープしたハンター・バイデンに関するメールは本物であり、ロシアから流されている偽情報などではないことを証言した。

そしてそのメールは自分も受信していることを明らかにした。

メールの中の “the Big Guy” は、民主党大統領候補であるジョー・バイデンのことであり、メールの文中に出てくる “JB” はジョー・バイデンの弟のジム・バイデン(ジェームズ・バイデン)のことだと明確に認めた。

ジョー・バイデンは「息子のビジネスについて息子と話したことはない」と話しているが、それは事実に基づかない。

ハンターはジョー・バイデンを “the Big Guy” とか “my Chairman” と呼び、取引の最終確認やアドバイスを求めていたのである。

ボブリンスキー氏は、バイデン家は積極的にバイデン家の名前を使って外国を舞台にして多額の金儲けをしてきたし、相手が共産党が支配する中国でも構わなかったのだとも言った。

なお、ボブリンスキー氏は合弁事業を運営する中で、中国側がこの事業の財務の健全性に注意を払っていないことに気がついた。

中国側はこの事業を政治的投資あるいは影響力投資だとみなしていたのだろうと、ボブリンスキー氏は考えている。

ここまで明かされては、もうジョー・バイデンは選挙から降りるしかないのではないか。

まさに爆弾が炸裂した形だ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブライトバートの記事
https://www.breitbart.com/politics/2020/10/21/bombshell-statement-biden-insider-claims-he-was-recipient-of-the-email-says-he-witnessed-joe-hunter-discussing-deals/
Daily Mailからの引用画像(ボブリンスキー氏とバイデン親子)
https://i.dailymail.co.uk/1s/2020/10/22/07/34694992-0-image-a-10_1603347002976.jpg
ニューヨーク・ポストからの引用画像(バイデン疑惑のメールを紹介するニューヨーク・ポスト紙)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Hunter-BIden-Emails-Feature-Main.jpg?quality=80&strip=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 経済

    蘇寧易購も国有化! 中国で進む毛沢東回帰路線!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 道理

    米企業開発の新型コロナ薬が「浙江省産」の「中華神薬」だって! ありえん!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  6. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?
  2. 未分類

    佐々木氏の辞任は不必要! 渡辺直美オリンピッグ騒動!(朝香豊)
  3. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)
PAGE TOP