安全保障

暗号化メッセージアプリをFBIが管理! 犯罪摘発に活かす!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ANOMというメッセージアプリを使った「トロイの盾」作戦をご存知だろうか。

このメッセージアプリはメッセージを暗号化するため、取引相手に安全にメッセージが送られるとの評判で、裏社会で急激に広がったものだ。

そもそもこのアプリの開発者自身が麻薬密売人であり、仲間にこのアプリを宣伝していた。

さて、この麻薬密売人はオーストラリアで有罪判決を受けて収監されていたのだが、この時にこの人物に近づいたのがFBIである。FBIはオーストラリア警察の協力のもとでこの密売人に減刑と12万ドルの金銭支払いをする見返りとして、このアプリの管理権限を渡すように要求し、密売人はこの要求に応じたのである。

この結果、FBIは闇ビジネスで繰り広げられる情報を傍受して、これにより次々と犯罪の摘発を行った。800人が逮捕され、押収された現金は数百万ドルに及び、麻薬はコカイン8トン強を含む30トンにのぼるという。

FBIが成果を誇る割には大した数字ではないようにも感じるが、それはともかくとして、ANOMに関する裏話をFBIを公開したのは、恐らく闇勢力の中でANOMについて疑う声が広がっていることを察知したからだろう。闇勢力の中で、暗号化アプリだからといって頭から信じるわけにはいかなくなったというのは、今後に向けての一つの成果かもしれない。

ところでこれは我々にも一つの教訓を与えることになる。暗号化レベルの高いとされるメッセージアプリが現在いろいろと出回っているが、そのすべてを頭から信じることはできないということだ。

自分は犯罪のためにアプリを使うつもりは毛頭ないが、中国などに情報を抜かれるのは御免である。そのために使用していた暗号化アプリの隠れた元締めが中国だったというオチでは目も当てられない。だが、これについてはよくわからない。アプリ開発者をハニトラで落としてマネーで抱き込むなんてことが、将来に渡って絶対にないとは言えないからだ。

西側としてはアプリ開発者に事前に接触し、いざという時には国家を上げて保護することを伝えるくらいの対策を打つべきではないだろうか。そんなことを思った。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

jp.reuters.comの記事
https://jp.reuters.com/article/australia-crime-idJPKCN2DK0FX
ANOMの画像
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2021/06/10/20210609anom-w1280.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮、日韓GSOMIA維持は「反民族的犯罪」! (朝香 豊)

    北朝鮮は、韓国の文在寅政権が日韓GSOMIA維持を決めたことに…

  2. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  4. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    全米に広がるフロイド氏殺害に対する抗議! これを正当化してはならない!(朝香 豊…
  2. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 …
  3. 経済

    待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    世界で繰り広げられるマスク争奪戦! 国産の抜本増強のためには大胆な方針転換を!(…
  5. 人権・民主主義

    香港デモで大学生が死亡! 香港の民主化運動は新たな局面に!(朝香 豊)
PAGE TOP