安全保障

中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は新型肺炎の拡散に関して、武漢市に加え、新たに鄂州市と黄岡市の封鎖を決めた。

New York Times が報じた。

感染拡大がごまかせなり、中国がようやく大きな動きに出たようだ。

今回の肺炎は感染しても発病しないこともあり、潜伏期間も長いのが、やっかいだ。

日本に入国した段階では発症していないが、実はウイルスに感染しているということは十分にありうる。

したがって、入国の際の問診による自己申告というレベルのチェックでは不十分だ。

SARSなどと比べて重篤化の割合はまだ低いようだが、あくまでも現段階ではまだ低いということであって、多くの死者を出していることを軽視すべきではない。

また、ウイルスがさらに悪性化する方向で「進化」する可能性もある。

防御服に身を包んだ専門医が感染しているように、「人から人への感染」が単にあるだけでなく、空気感染も起こりうる疑いを持つべきだ。

空気感染するとすれば、マスクでも防げないことになる。

この点はまだ確認できないが、マスクしていれば大丈夫だとは思わないことだ。

最悪のリスクに備えて、我が国も動くべきだろう。

万が一の危機管理に対する脆弱性は日本の最大の欠点だが、これが今回またはっきりした。

日本社会のあり方を抜本的に見直さなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった The Strain Times の記事
https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/china-locks-down-two-more-cities-huanggang-and-ezhou-after-wuhan

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  3. 経済

    これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

  5. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)

    食欲不振と腹痛などの症状を訴えた中国人の少女が病院で診察を受け…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    言論封殺された医師の取材記事を中共当局は圧殺! ネット民は必死の対抗処置!(朝香…
  3. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
PAGE TOP