安全保障

中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は新型肺炎の拡散に関して、武漢市に加え、新たに鄂州市と黄岡市の封鎖を決めた。

New York Times が報じた。

感染拡大がごまかせなり、中国がようやく大きな動きに出たようだ。

今回の肺炎は感染しても発病しないこともあり、潜伏期間も長いのが、やっかいだ。

日本に入国した段階では発症していないが、実はウイルスに感染しているということは十分にありうる。

したがって、入国の際の問診による自己申告というレベルのチェックでは不十分だ。

SARSなどと比べて重篤化の割合はまだ低いようだが、あくまでも現段階ではまだ低いということであって、多くの死者を出していることを軽視すべきではない。

また、ウイルスがさらに悪性化する方向で「進化」する可能性もある。

防御服に身を包んだ専門医が感染しているように、「人から人への感染」が単にあるだけでなく、空気感染も起こりうる疑いを持つべきだ。

空気感染するとすれば、マスクでも防げないことになる。

この点はまだ確認できないが、マスクしていれば大丈夫だとは思わないことだ。

最悪のリスクに備えて、我が国も動くべきだろう。

万が一の危機管理に対する脆弱性は日本の最大の欠点だが、これが今回またはっきりした。

日本社会のあり方を抜本的に見直さなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった The Strain Times の記事
https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/china-locks-down-two-more-cities-huanggang-and-ezhou-after-wuhan

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

  2. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  4. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  5. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

  6. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)
  2. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港 デモ参加者のマスク禁止へ!(朝香 豊)
  5. 道理

    ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)
PAGE TOP