安全保障

中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は新型肺炎の拡散に関して、武漢市に加え、新たに鄂州市と黄岡市の封鎖を決めた。

New York Times が報じた。

感染拡大がごまかせなり、中国がようやく大きな動きに出たようだ。

今回の肺炎は感染しても発病しないこともあり、潜伏期間も長いのが、やっかいだ。

日本に入国した段階では発症していないが、実はウイルスに感染しているということは十分にありうる。

したがって、入国の際の問診による自己申告というレベルのチェックでは不十分だ。

SARSなどと比べて重篤化の割合はまだ低いようだが、あくまでも現段階ではまだ低いということであって、多くの死者を出していることを軽視すべきではない。

また、ウイルスがさらに悪性化する方向で「進化」する可能性もある。

防御服に身を包んだ専門医が感染しているように、「人から人への感染」が単にあるだけでなく、空気感染も起こりうる疑いを持つべきだ。

空気感染するとすれば、マスクでも防げないことになる。

この点はまだ確認できないが、マスクしていれば大丈夫だとは思わないことだ。

最悪のリスクに備えて、我が国も動くべきだろう。

万が一の危機管理に対する脆弱性は日本の最大の欠点だが、これが今回またはっきりした。

日本社会のあり方を抜本的に見直さなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった The Strain Times の記事
https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/china-locks-down-two-more-cities-huanggang-and-ezhou-after-wuhan

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    暗号化メッセージアプリをFBIが管理! 犯罪摘発に活かす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  4. 安全保障

    「北ミサイルは韓国への挑発ではない」 韓国国防相が発言! (朝香 豊)

    韓国と北朝鮮は1年前に両国の緊張緩和を進めるために「9・19軍…

  5. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮、日韓GSOMIA維持は「反民族的犯罪」! (朝香 豊)
  2. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
  3. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)
PAGE TOP