安全保障

中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は新型肺炎の拡散に関して、武漢市に加え、新たに鄂州市と黄岡市の封鎖を決めた。

New York Times が報じた。

感染拡大がごまかせなり、中国がようやく大きな動きに出たようだ。

今回の肺炎は感染しても発病しないこともあり、潜伏期間も長いのが、やっかいだ。

日本に入国した段階では発症していないが、実はウイルスに感染しているということは十分にありうる。

したがって、入国の際の問診による自己申告というレベルのチェックでは不十分だ。

SARSなどと比べて重篤化の割合はまだ低いようだが、あくまでも現段階ではまだ低いということであって、多くの死者を出していることを軽視すべきではない。

また、ウイルスがさらに悪性化する方向で「進化」する可能性もある。

防御服に身を包んだ専門医が感染しているように、「人から人への感染」が単にあるだけでなく、空気感染も起こりうる疑いを持つべきだ。

空気感染するとすれば、マスクでも防げないことになる。

この点はまだ確認できないが、マスクしていれば大丈夫だとは思わないことだ。

最悪のリスクに備えて、我が国も動くべきだろう。

万が一の危機管理に対する脆弱性は日本の最大の欠点だが、これが今回またはっきりした。

日本社会のあり方を抜本的に見直さなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった The Strain Times の記事
https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/china-locks-down-two-more-cities-huanggang-and-ezhou-after-wuhan

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    誤解されるパウエル弁護士! ドミニオンに対する主張を取り下げたわけではない!(朝…
  2. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)
  3. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 …
  4. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)
  5. 経済

    新型コロナウイルスで潰れる韓国経済!(朝香 豊)
PAGE TOP