中国

症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港大学の微生物学の袁國勇教授らが医学雑誌ランセット(Lancet)に発表した最新の論文には、中国の深圳市に住む7人家族のうち6人が新型コロナウイルスに感染したとの例が紹介されている。

感染した家族のうち5人は、昨年12月29日に肺炎で入院した親族を見舞いに武漢に出かけていたが、子どもたちはマスクを着用していた。

この家族は武漢滞在中、市場に行ったことも動物に接触したこともない。

入院した親族から家族の一部がウイルスをもらい、家族の共同生活を行う中で、残りの家族にもうつすことになったと考えられる。

なお、感染した子どもには、発熱などの症状は見られず、感染者は感染を自覚してない状態で、感染を広めている可能性があることが指摘された。

浙江大学第一付属病院感染科の盛吉芳主任も、症状のない感染者との接触で発症する症例を紹介している。

ある武漢の人は、症状がないので、浙江省杭州市を会議のために訪れたが、彼と接触した複数の杭州の同僚が感染した。

袁國勇教授の推計では、新型コロナウイルスの親族間の感染率は83%だそうだ。

症状が出ていない感染者がいて、そんな感染者からでもウイルスがうつりうるという前提で考えた時、入境者の問診とサーモグラフィー検査だけですませる日本の水際対応は不十分なのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった 大紀元時報 の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51056.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 人権・民主主義

    ウイグル人弾圧の内部文書を入手! 米団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)
PAGE TOP