中国

症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港大学の微生物学の袁國勇教授らが医学雑誌ランセット(Lancet)に発表した最新の論文には、中国の深圳市に住む7人家族のうち6人が新型コロナウイルスに感染したとの例が紹介されている。

感染した家族のうち5人は、昨年12月29日に肺炎で入院した親族を見舞いに武漢に出かけていたが、子どもたちはマスクを着用していた。

この家族は武漢滞在中、市場に行ったことも動物に接触したこともない。

入院した親族から家族の一部がウイルスをもらい、家族の共同生活を行う中で、残りの家族にもうつすことになったと考えられる。

なお、感染した子どもには、発熱などの症状は見られず、感染者は感染を自覚してない状態で、感染を広めている可能性があることが指摘された。

浙江大学第一付属病院感染科の盛吉芳主任も、症状のない感染者との接触で発症する症例を紹介している。

ある武漢の人は、症状がないので、浙江省杭州市を会議のために訪れたが、彼と接触した複数の杭州の同僚が感染した。

袁國勇教授の推計では、新型コロナウイルスの親族間の感染率は83%だそうだ。

症状が出ていない感染者がいて、そんな感染者からでもウイルスがうつりうるという前提で考えた時、入境者の問診とサーモグラフィー検査だけですませる日本の水際対応は不十分なのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となった 大紀元時報 の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51056.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

  3. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
  3. 道理

    イランが破片撤去! 証拠隠滅か!(朝香 豊)
  4. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
PAGE TOP