安全保障

暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

外交公電などに使われる暗号機を製造していたスイスの企業「クリプト」が、1960年ごろからアメリカのCIAと当時の西ドイツのBND(連邦情報局)によって秘密裏に運営され、各国の機密性の高い情報が解読されていたと、欧米メディアが報じた。

CIAとBNDは「クリプト」の株式を取得したあと、リヒテンシュタインにある法律事務所の支援を得て、経営主体が分からないようにしていた。

日本を含む120か国以上に販売されており、日本の外交文書も筒抜けであったことがわかる。

報道したのは、アメリカのワシントン・ポストとドイツの公共放送ZDFだ。

アメリカがこういったことを様々やってきたのは公然の秘密だろうから、自分としてはいまさら驚きはしないが、一般の欧米人の中にはショックを受けている人も多いのだろう。

私としてはむしろ、今なぜこのタイミングでこんな話が出てきたのかに注目したい。

今世界は、ファーウェイの危険性を訴えてその排除を求めるアメリカと、ファーウェイは安全だとしてその普及に乗り出している中国の激しい対立がある。

中国の危険性を訴えているアメリカが、こんな卑劣な手を使って外交秘密を入手していたんだぞという暴露は、中国側によって仕組まれたものだろう。

こうした事実が暴露されれば、アメリカの主張をそのまま鵜呑みにするような選択は、非常にしにくくなる。

イギリスをはじめとした欧州で、ファーウェイの導入の可否がいよいよ最終的な判断に向かって動くこのタイミングを狙って、中国は動いたということだろう。

この情報をこのタイミングまで引っ張ってきた中国はさすがだ。

とはいえ、アメリカに情報を抜かれるのと、中国に情報を抜かれるのでは、その意味合いがまるで違うという現実を、リアリティーを持って私たちは理解する必要があるのではないかと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012283041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

  2. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全米…

  4. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  5. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)
  2. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  4. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
PAGE TOP