安全保障

暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

外交公電などに使われる暗号機を製造していたスイスの企業「クリプト」が、1960年ごろからアメリカのCIAと当時の西ドイツのBND(連邦情報局)によって秘密裏に運営され、各国の機密性の高い情報が解読されていたと、欧米メディアが報じた。

CIAとBNDは「クリプト」の株式を取得したあと、リヒテンシュタインにある法律事務所の支援を得て、経営主体が分からないようにしていた。

日本を含む120か国以上に販売されており、日本の外交文書も筒抜けであったことがわかる。

報道したのは、アメリカのワシントン・ポストとドイツの公共放送ZDFだ。

アメリカがこういったことを様々やってきたのは公然の秘密だろうから、自分としてはいまさら驚きはしないが、一般の欧米人の中にはショックを受けている人も多いのだろう。

私としてはむしろ、今なぜこのタイミングでこんな話が出てきたのかに注目したい。

今世界は、ファーウェイの危険性を訴えてその排除を求めるアメリカと、ファーウェイは安全だとしてその普及に乗り出している中国の激しい対立がある。

中国の危険性を訴えているアメリカが、こんな卑劣な手を使って外交秘密を入手していたんだぞという暴露は、中国側によって仕組まれたものだろう。

こうした事実が暴露されれば、アメリカの主張をそのまま鵜呑みにするような選択は、非常にしにくくなる。

イギリスをはじめとした欧州で、ファーウェイの導入の可否がいよいよ最終的な判断に向かって動くこのタイミングを狙って、中国は動いたということだろう。

この情報をこのタイミングまで引っ張ってきた中国はさすがだ。

とはいえ、アメリカに情報を抜かれるのと、中国に情報を抜かれるのでは、その意味合いがまるで違うという現実を、リアリティーを持って私たちは理解する必要があるのではないかと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012283041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  2. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  4. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)

    民主党政権下で無駄な公共事業の象徴として、一旦は建設中止に追い…

  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊)

    アメリカ政府は中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」の…

  6. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)
  3. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない
  4. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)
  5. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)
PAGE TOP