安全保障

中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

習近平体制の下で、中国は現在「戦狼外交」と呼ばれる、対外強硬外交を展開している。

特に厳しい扱いを受けているのは、新型コロナウイルスの発生源の独立調査を要求したオーストラリアである。

オーストラリアは輸出がGDPの20%を超えており、そのうち1/3以上を中国が占めている。

つまり、中国がオーストラリアからの輸入を差し止めれば、オーストラリアはGDPの7%程度が吹っ飛ぶ計算となるわけで、オーストラリアは経済的に中国に対してかなり弱い状態となっている。

こういう観点から、オーストラリアなら経済的に締め上げれば音を上げるだろうというのが、中国側の見立てだ。

中国は「ダンピング」を理由にしてオーストラリアの大麦の関税を80%に引き上げ、オーストラリア産の大麦を国内マーケットから事実上締め出した。

中国はオーストラリア産牛肉について、検査・検疫の要件に違反する事例が相次いで見つかったことを理由として、対中輸出の35%程度の牛肉について、輸入を差し止める決定を下した。

さらに中国は、オーストラリア政府組織全般に対する、大規模なサイバーテロを仕掛けていると見られている。

中国がこのような激しい攻撃をオーストラリアに仕掛けているのは、新型コロナウイルスの発生源の独立調査要求だけが原因では、恐らくないだろう。

アメリカ・日本・オーストラリアの3カ国は昨年の11月に、「ブルー・ドット・ネットワーク」(BDN)構想を打ち出した。

これはインド太平洋地域において、透明性が高くて高品質で持続性のあるインフラ整備を広げるための金融制度を整えるというものである。

中国が「一帯一路」構想により、不透明な融資で低品質で持続性のないインフラ整備を行い、国家主権の一部を中国に手渡さなければならない国も生まれていることへの、明らかな対抗策だ。

この3カ国の中で最も弱い立場にあるオーストラリアを狙い撃ちにして、この構想に打撃を与えたいという思いも、中国側にはあるのではないかと思われる。

アメリカは新しい経済同盟構想の「経済繁栄ネットワーク」(EPN)を提唱している。

EPNは、中国への戦略物資の輸出を差し止め、また中国に対して同盟国全体で高関税をかけるなどして、中国依存度の高いサプライチェーンの組み換えを進めるのが狙いだ。

BDNとEPNを互いに連携させながら中国外しを進めていくのを、西側のコンセンサスにしていこうというのがアメリカの戦略で、これに何とかして打撃を与えたいとの思惑から、比較的弱そうなオーストラリアを中国が狙い撃ちにしているのではないかと考えられるわけだ。

これに対する正解は、BDNとEPNを早期に稼働させることであろう。

この点で、日本の果たすべき役割も極めて大きいと言えるだろう。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のアメリカ大使館の公式マガジン「アメリカンビュー」の記事
https://amview.japan.usembassy.gov/what-is-the-blue-dot-network-for-infrastructure-financing/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  2. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?

    北朝鮮が今日(9月10日)発射した「飛翔体」について、種別や飛…

  3. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  4. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
  2. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)
  3. 外交

    竹島はサンフランシスコ条約で韓国領! 噴飯ものの主張が韓国で登場!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)…
PAGE TOP