人権・民主主義

民主党の組織的な不法行為を曝露! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ陣営のシドニー・パウエル弁護士はFOXビジネスの番組に出演し、民主党が大統領選挙を組織的に操作していることを非難した。

パウエル氏は、「われわれは激戦州での45万票が、他の候補者に投じられることなく、『奇跡的に』バイデン氏のみに投じられたことを確認した」と述べた。

バイデン陣営は不法な票を郵便投票という形で作り上げただけではない。

パウエル氏は、ドミニオン社の集計ソフトによって、トランプに投じられた票がバイデンの票に移っていたことも指摘した。例えば、ミシガン州のアントリム郡では、トランプに投じられた約5500票がバイデン側にカウントされていたことが発覚している。

さらに番組では興味深い事実が暴露された。民主党のナンシー・ペロシ下院議長の顧問がこのドミニオン社の上級幹部となっているのだ。

そしてこの不正方法はなんと民主党内部の予備選挙でも使われていたというのである。2016年に民主党の大統領候補としてバーニー・サンダースがヒラリー・クリントンに破れたが、これはこの仕組みが使われていたことによる可能性が高いとされる。

またパウエル氏は、「ハンマー」とか「スコアカード」と呼ばれる開票結果をさらに歪めて一方を有利に導くソフトウェアまで用いる工作を行っていたことも明らかにした。これは外国工作のためにCIAが開発していたシステムである。これをアメリカ国民を欺くために使っていたのが民主党なのだ。

大掛かりな不正の実態はかなりはっきりしてきたが、さらなる事実の積み重ねによって、民主党側を徹底的に追い詰めていってもらいたいものだ。

なお、パウエル弁護士の発言を2分半でまとめてある動画(日本語字幕付き)があるので、これもぜひ見てもらいたい。(このページの下の方に貼ってある。)
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のwww.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/64512.html
Twitterからの引用画像(Sydney Powell)
https://pbs.twimg.com/media/EmbnkkBW8AEGXVZ.png
s.abcnews.comからの引用画像(Nancy Pelosi)
https://s.abcnews.com/images/US/nancy-pelosi-speaker-of-the-house-election-02-gty-llr-201106_1604682991939_hpMain_4x3t_608.jpg
hive.blogからの引用画像(ドミニオン社)
https://images.hive.blog/DQmSwjvfHvn663XhBhySBsgFrHi4mnf68oKjrjZvDcn5Sea/Screenshot_2020-11-09%20dominion%20voter%20fraud%20at%20DuckDuckGo.png

シドニー・パウエル弁護士の証言

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    中国が台湾総統選挙に介入! ネットに偽情報を米が問題視!(朝香 豊)

    アメリカ在台協会(大使館のようなもの)のクリステンセン代表は、…

  3. 人権・民主主義

    6人の任命見送りの話は出ず? 総理と梶田学術会議会長との会談!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)

    ソウル中央地検は、横領や証拠隠滅教唆などの疑いで、チョ・グク氏…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    英テスコ、中国工場の稼働を一時停止! 受刑者の強制労働の疑いで!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
PAGE TOP