人権・民主主義

民主党の不正を訴えるホワイトハウスの会見を中断! フォックス・ニュース!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

比較的保守的とみなされてきたフォックス・ニュースが最近はおかしいということがよく言われるようになったが、またしてもフォックスにあやしい動きが生じた。

ホワイトハウスのマケナニー報道官の会見の模様を、フォックスが途中で打ち切ったのだ。

マケナニー報道官は次のように話していた。

「アメリカには署名、市民権、住所、投票資格を確認することに反対している政党が1つあります。アメリカには開票会場から開票の監視員を追い出そうとする政党がだた一つだけあります。そしてその政党とは、民主党です。公正な選挙を望んでいるのであれば、こうした姿勢は取りません。正確な投票の集計を望んでいるのであれば、投票の監査を行うことに反対しません。隠すことがないのであれば、我々の努力や透明性に反対しません。こうした姿勢を取るのは不正を歓迎しており、違法な投票を歓迎しているからです。私たちの姿勢は明確です。私たちはアメリカ国民の参政権を守りたいだけです。私たちはウソのない正確で合法的な集計を求めています。私たちは最大限の透明性を求めます。私たちはすべての合法的な投票はカウントされることを望み、すべての非合法な投票がカウントから排除されることを望みます…」

フォックス・ニュースのニール・カブート氏はこのマケナニー報道官の話に割って入り、この記者会見の音声を途中で遮った。

カブート氏は「彼女は民主党側が不正を歓迎し、違法投票を歓迎しているとして非難している。主張を裏付けるもっと詳細なものがなければ、真顔でこれを皆さんに見せ続けることはできない」と述べた。

つまり、マケナニー報道官の発言を根拠のないものだとしたのだ。(このやり取りについては、日本語字幕はないが、下に動画を貼り付けておいたので、よかったら見てもらいたい。)

だが、そもそも連邦選挙管理委員会のトレイニー委員長が、ペンシルバニア州で共和党の選挙監視団が開票会場から排除されたことなどを挙げて、選挙の不正があったことは明確に認めているのであり、マケナニー報道官の発言はこれを受けてのものだとも言える。

そして民主党側は指摘されている不正を捜査することに積極的であるとは断じて言えない。

つまりマケナニー報道官の発言には根拠は十分にある。

ホワイトハウスの公式発表の中継を途中で打ち切るのは尋常ではないが、これが現在のアメリカのマスコミ状況を端的に表しているものなのだろう。

フォックス・ニュースだからといって信頼が置けるものではないということは、心しておいた方がよさそうだ。

とにかく、こんな不正に我々は負けるわけには絶対にいかない。

ともに頑張ろう!
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のwww.washingtonexaminer.comの記事
https://www.washingtonexaminer.com/news/trump-campaign-staff-claims-to-have-statistical-evidence-of-fraud-in-wisconsin
poynterからの引用画像(マケナニー報道官)
https://www.poynter.org/wp-content/uploads/2020/05/AP_20147682052512.jpg
deadlineからの引用画像(マケナニー報道官を遮るカブート氏)
https://deadline.com/wp-content/uploads/2020/11/Cavuto-White-House.jpg

マケナニー報道官の会見を一方的に遮るフォックス・ニュース

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドミニオンの犯罪調査が認められる! ミシガン州で大前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  2. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)

    返還前から香港に住んでいた人たちには、BNOと呼ばれる英国の二…

  3. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

  5. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  3. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    バチカンと中国政府との合意により、中国にいるカトリックへの迫害が強化されている!…
PAGE TOP