経済

インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)

インテルは、一旦手放したメモリー開発を再び始め、新たにDCPMメモリーを開発した。

DCPMメモリーは、従来のNAND型フラッシュメモリーよりデータ処理速度が100倍以上速い。DRAMよりも価格が安く、電源が切れても情報が消えずに残るという。

つまり、このDCPMメモリーは従来のハードディスクの性質をも併せ持ったメモリーで、このメモリーにデータを入れておけば、データを安定的に保管できるだけでなく、高速でその情報をダイレクトに読み出すことができるということのようだ。

これは韓国などの従来の半導体産業にとって、相当に大きなダメージを与える可能性が高いと推測される。

ソースとなる中央日報の記事https://japanese.joins.com/article/028/258028.html?servcode=300&sectcode=300

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)

    「中国のGoogle」とも呼ばれる「百度」(バイドゥ)の経営が…

  4. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

    次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金…

  5. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
  4. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!
  5. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
PAGE TOP