経済

WeWorkの少数株主が、創業者のニューマンだけでなく、孫正義も提訴! ソフトバンクは大ピンチに! (朝香 豊)

シェアオフィス事業を展開しているWeWorkの少数株主が、創業者のニューマン氏と孫正義氏を提訴した。

1月には企業価値が470億ドルあるとされていたが、上場のための準備として目論見書を制作する段階で問題が噴出し、上場自体が吹き飛んだ上に、10月末には企業価値は80億ドルにまで下方修正することになった。

類似事業を展開する他企業との比較からは、80億ドルという企業価値にさえ疑問が呈す向きもある。

ともあれ、こうした企業価値の低下によって損失を被ったとして、少数株主が訴えたわけだ。

そもそも1月の時点で企業価値が470億ドルあるとしていたこと自体に大きな疑問符がついている。

実態は全くよくないのに、意図的に株価を吊り上げるような工作を、創業者のニューマン氏と孫氏が行っていたという疑惑も濃厚だ。

こういう中で、投資家の期待を膨らませておいて、うまく上場してから高値で売り逃げることを考えていた疑いも大きい。

今回のWeWorkの一連の騒動で、孫氏が積極的に関わってきた企業評価の信頼性が根本から揺らいでいるのだ。

例えば、同じソフトバンクグループが投資しているUberにしても、今なお大赤字を計上し続けていて、本当に十分な利益を生み出せる事業モデルとして成長するかどうかには、疑問符が付けられている。

裁判所がWeWorkの株価吊り上げ工作を認めるような判決を出すような事態になれば、ソフトバンク系列の経営は破綻に追い込まれることになるだろう。

ソフトバンク系列のメインバンクであるみずほ銀行も、これでまじめに出口戦略を考えないわけにはいかなくなっただろう。

これまでのビジネスモデルが逆回転しはじめた中で、孫氏は厳しい環境に立たされたことになる。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191109/ecn1911090005-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  2. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  4. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  5. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    パンデミックで発展途上国で大量失業! 広がる貧困危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港で天安門事件追悼が平穏に開かれた! だが嵐の前の静けさにすぎない!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    北方領土交渉を認めない姿勢を明白に! ロシア!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
  5. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)…
PAGE TOP