経済

『三方良し』経営や経済安全保障の強化を、岸田総理はひるまず推し進めよ! 雑音は無視だ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日経新聞は、岸田新総理の打ち出す『三方良し』の経営や経済安全保障の強化について、日本企業のガバナンス改革の後退につながるとの否定的な意見を掲載した。

衆院選に向けた自民党の政策パンフレットには、株主だけでなく従業員や取引先などにも配慮した経営を促すため「コーポレートガバナンスのあり方を検討する」と記したのが、株主軽視の時代に逆戻りするのではないか、あるいは「経済安全保障の強化」が外資規制に繋がり、アクティビスト(物言う株主)排除もあるのではないか、というのである。

岸田総理にはこうした雑音に邪魔されずに、自ら信じる道をまっすぐ進んでもらいたい。その結果として海外の株主が日本株を売るのであれば、むしろ幸いである。その安値を日本の投資家が拾っていけばいい。世界最大の債権国である日本は、海外資本に依拠しないと成り立たないような脆弱な国ではない。

政府が国債発行を原資にしてに将来の産業を育てるための投資を積極的に行い、経済効率性や生産力を引き上げていけば、日本企業の株価は自然と上昇していく。外部環境がよくなれば、日本企業の投資も自然と増えていくものだ。

従来は政府が整備できるマクロ的な環境があまりよい状態になかったために、民間企業の投資も伸びない状態にあった。企業が望ましい結果が出せないのは、マクロ環境がよくないことが原因なのに、経営の拙劣さが原因であるかのような見方がなされてきた。このあたりの逆立ちしたものの見方はそろそろ卒業したいものである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日経が財政拡大警戒論の記事掲載! 財政のタイプを区分けして語るべき!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6922

与野党の政策論は「バラマキ合戦」? 矢野康治・財務事務次官の揶揄は不適切!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6906

落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6866

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC241XB0U1A920C2000000/
岸田総理の画像
https://www.kantei.go.jp/jp/content/20211004kaiken00.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  2. 経済

    韓国企業ピンチ! 世界2大格付け機関が、相次いで韓国企業を大量格下げ方針を示す!

    S&Pに続き、ムーディーズも韓国企業多数の信用格付けの下方修正…

  3. 経済

    中国経済のプラス成長は与太話! 全く信頼してはならない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)
  2. 中国

    韓国の無法を改めないと出席しないと管総理! 日中韓首脳会談!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    政府はLINE対策を抜本的に強化せよ! LINE側にも問題大!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    やはり中国の影響は大きかった! 前回のWHOのウイルス起源報告! 調査団長が内幕…
  5. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
PAGE TOP