道理

キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

私のメルマガの読者の方であれば、地中海に浮かぶ島国「キプロス」と聞いて、「腐敗」「マネーロンダリング」「タックスヘイブン」などのイメージが浮かぶのではないかと思う。

この「キプロス」には「ゴールデン・パスポート」と呼ばれる悪名高い制度がある。

これは215万ユーロ(約2億5000万円)以上の投資をキプロスで行えば、キプロス国籍を取得することができ、その結果キプロス国籍のパスポートを入手することができるというものだ。

要するに、国籍をカネで買えるようにしているというわけであるが、こういう制度のある国は割と多い。

ただ、キプロスはEUに加盟しているため、キプロス国籍のパスポートを持っていれば、EU内は当然フリーパスでどこにでも行ける。

さらにEUからの来訪者にはビザなしを認めている国が圧倒的であるので、このキプロスのパスポートを入手することができれば、世界中をほぼ自由に動き回ることができる。

つまり、キプロス国籍を取得するということは、EUの市民権を取得するということと同じなわけだ。

国の信用度が低く、ビザなしでの出国が制限されていることの多い中国やロシアなどの人たちは、このためキプロス国籍を求めて動くことが多かった。

ハンター・バイデンのウクライナ疑惑の震源地となっているガス会社の「ブリスマ」の創業者であるズロチェフスキー氏も、この制度でキプロス国籍を取得したことがわかっている。

彼はウクライナ検察の捜査の手が及ばないように、キプロス国籍のパスポートを利用して、現在モナコに住んでいるようだ。

ところで、このキプロスの「ゴールデンパスポート」がEU諸国から激しく叩かれ、ついに11月1日から廃止されることになった。

この経緯が面白い。

カタールの放送局の「アルジャジーラ」が、この件に関する覆面調査報道を行った。

「マネーロンダリングで有罪判決を受けた中国人投資家の代理人」だという建前で、アルジャジーラの記者がキプロス議会のシルリス議長や移民コンサルタント会社の責任者などと面会し、このような人物でも必要額の投資を行えばパスポートを取得できるのかと尋ねる様子を撮影した。

移民コンサルタント会社側は「十分な投資をすれば問題ない」うえ、「新しい名前や身分も得られる」と返答した。

シルリス議長も「彼(中国人投資家)に、政治的、経済的、社会的支援を含め、あらゆるレベルにおいて、キプロスの全面的な支援を受けられると伝えるように」と話した。

要するに、どんな汚い背景を持つヤバい人物であっても、カネさえ落としてくれれば、キプロスは大歓迎だと表明したわけだ。

この様子が番組となって世界中に配信され、当然ながらEUは大反発をした。

この批判の高まりに、キプロス政府も反応せざるをえなくなり、11月1日からこの制度は廃止されることになった。

アルジャジーラによれば、キプロスが2017~19年の3年間に1400通の「ゴールデンパスポート」を発行したが、そのうち500通以上が中国人のものだということだ。

こうした中国人の中には政府の高官も多数含まれていることが確認されている。

さて、これで一件落着となるかというと、どうもそうではないようだ。

キプロス政府はこの「ゴールデンパスポート」制度に代わる新たな国籍取得プログラムをすでに用意するつもりでいる。

「ゴールデンパスポート」よりはまともになるのだろうが、楽観視はできない。

ワルはどこまでもワルなのかもしれない。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63474.html
Greek Reporterからの引用画像(中国人の顔写真を貼ったキプロスのパスポート)
https://greece.greekreporter.com/files/yq-ppte-04112024.jpg
Knewsからの引用画像(EU市民権を得られるキプロスのパスポート)
https://knews.kathimerini.com.cy/assets/modules/wnp/articles/202008/6441/images/b_cyp_passport_story.JPG
ウォール・ストリート・ジャーナルからの引用画像(ブリスマのズロチェフスキー氏)
https://images.wsj.net/im-124325/social
Technodeからの引用画像(中国とロシアの国旗)
https://i2.wp.com/technode.com/wp-content/uploads/2019/10/bigstock-Flags-Of-The-China-And-Russia-307493695.jpg?fit=1600%2C1000&ssl=1
ANNAIの記事からの引用画像( アルジャジーラ)
https://annai.co.jp/sites/default/files/2018-07/PS_AlJazeera_0.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  2. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    パウエル弁護士のウェブサイトへのリンクをブロック! ツイッター!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米大…

  4. 道理

    How abnomal the mainstream media are! Broadcast t…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Wr…

  5. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)

    文在寅大統領がチョ・グク氏を韓国の法相から解任する書類にサイン…

  6. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)
  4. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立と…
  5. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
PAGE TOP