安全保障

韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書ではこれを認めながら、公式には示してこなかった。

さらに、米国からのファーウェイ排除要求には、「ファーウェイ製品は使っていない」と回答しながら、実は一部の部隊では使っていた。

中国製のIoTや5G関連の機器にはバックドアが仕掛けられていて、サイバー攻撃される危険性が極めて高い。

しかも、韓国軍に対するサイバー攻撃の45%は北朝鮮によるもので、こうした中国製の機器が持つ穴を利用している可能性が高いことも指摘されている。

チョ・グク法相の辞任のタイミングに合わせて、こうした情報が流れてくるところには、反文在寅派が力をつけてきていることを間接的に示しているように感じる。

ソースとなった朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/15/2019101580054.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    「落ち着いて行動するように」と安倍総理! 国民の不安を解消しているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒龍…

  4. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  5. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 道理

    ジャパンライフから朝日新聞元幹部が多額の顧問料を受領していた!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    バチカンと中国政府との合意により、中国にいるカトリックへの迫害が強化されている!…
  4. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)
PAGE TOP