安全保障

韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書ではこれを認めながら、公式には示してこなかった。

さらに、米国からのファーウェイ排除要求には、「ファーウェイ製品は使っていない」と回答しながら、実は一部の部隊では使っていた。

中国製のIoTや5G関連の機器にはバックドアが仕掛けられていて、サイバー攻撃される危険性が極めて高い。

しかも、韓国軍に対するサイバー攻撃の45%は北朝鮮によるもので、こうした中国製の機器が持つ穴を利用している可能性が高いことも指摘されている。

チョ・グク法相の辞任のタイミングに合わせて、こうした情報が流れてくるところには、反文在寅派が力をつけてきていることを間接的に示しているように感じる。

ソースとなった朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/15/2019101580054.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

    韓国の本当の仮想敵国は日本。これは文在寅政権以前から韓国に…

  2. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

  3. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!BB…

  4. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国国防…

  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    「香港を称える歌」が香港市民の間に急激に普及! あらゆる場所で大合唱されるように…
  2. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
  3. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  4. 経済

    広西チワン族自治区に大量のバッタ発生! 中国南部地域への拡散は必至! (朝香 豊…
  5. 経済

    生産拠点を中国から日本に戻そう! 安倍総理が発言! 大歓迎!(朝香 豊)
PAGE TOP