安全保障

次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2035年に配備予定の次期戦闘機の開発で、防衛省は日本企業1社と単独契約する方式を採用する方針だ。

1社が設計や開発・製造の全体を統括し、共同開発に参加する日米の企業と調整する形を取る。

これまで航空自衛隊の戦闘機はアメリカ製を輸入したり、アメリカの機種を日本企業がライセンス生産したりしてきた。

最近配備されるようになったF35戦闘機も日本でのライセンス生産は認められたものの、基幹部分の技術は非開示で、戦闘システムは米国側の都合で更新され、改修も自由にできないようになっている。

これらについては日本側として不満があった。

日本企業1社との単独契約方式の採用で、日本企業が設計に加え、戦闘システム、エンジンなど基幹部分の開発・製造をする。

先進技術実証機「心神」

日本企業の軍用機の開発・製造能力は間違いなく向上する。

民間航空機の技術開発にも好影響を与える。

単独契約はおそらく三菱重工になるのだろうが、川崎重工、IHI、スバルなども担当し、部品を担う中小企業を含めれば、実に多くの日本企業が関わることになる。

日本の防衛産業の裾野を広げ、国防力を高めることになるのは間違いなく、大いに歓迎したい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61998440Y0A720C2EA1000/
画像は日経新聞から(日本の戦闘機開発)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6199729028072020EA1001-PN1-3.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=6fa568445ef74d70174106aa1db5cab4
画像はTokyo Expressから(次期戦闘機イメージ図)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/LkXu-mhEVirzyA296847gass2HJL5gAoRuUgqPgzTCgDkHIEI4YybLHRonZCs1ogM-rtnPapgv_NGVwwb1cXm4Esb6txGNBY9cTl46XI1OZs61kznowC
画像はTokyo Expressから(心神)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/94wC3LKsff6Mli_6iv3vp4MmTvl5dFWfwTAgS5x9TwRM5MISfkS1qByOPWivtCvnhhzURu5zpZrmK4cKDJPBxtp6MUQgWOC5AqGRm05AjnT4Tsdan2g
画像はIndustry Global News24から(三菱重工)
https://www.industryglobalnews24.com/images/mitsubishi-heavy-industries-ltd-to-cut-costs-as-it-faces-severe-competition.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  2. 安全保障

    サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

    イランの関与が濃厚となったサウジ攻撃について、おそらくこういう…

  3. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)

    中国企業のハイテク分野の研究開発費が、過去5年で70%以上も増…

  4. 経済

    新型肺炎で、企業を閉鎖する余裕はないとブラジル大統領! これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  5. 安全保障

    Clubhouseのデータはダダ漏れ! 中国のサーバに暗号化もなしで送信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    習近平は資本主義に対する勝利を目指している! 財界人は目を覚ませ!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香…
  2. 安全保障

    一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)
  3. 経済

    財政政策をさらに拡大せよ! IMFトップが明言!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(…
PAGE TOP