安全保障

アメリカのシンクタンクが名指し批判! 追い詰められる二階幹事長と今井補佐官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの有力シンクタンクである「戦略国際問題研究所」(CSIS)が作成した報告書「日本における中国の影響力」に、安倍総理の対中政策を大きく動かす人物として今井尚哉首相秘書官の名前が明記されていることが明らかになった。

同報告書は中国の統一戦線工作部などが、日本に対しどのように影響力を行使し、どのような結果を得ているかについての広範な調査に基づき、2年を掛けて作成されたとされる。

この報告書の中で、今井氏が自民党の二階俊博幹事長と連携し、「二階・今井派」として安倍総理に中国への姿勢を融和的にするよう説得してきたことを指摘している。

報告書には、「自民党の二階俊博幹事長の名から二階派と呼ばれる自民党のこのパワフルな派閥は親中派である。同派閥は『二階・今井派』と呼ばれることもある」、(今井氏は)「安倍首相が中国や中国のインフラ・プロジェクト(巨大経済圏構想「一帯一路」やアジアインフラ投資銀行=AIIB)に対する姿勢をより融和的にするように説得してきた」と記されている。

トランプ政権は対中国政策で日本に共同歩調を求めているが、日本がたびたび見せる対中宥和姿勢に対して大いなる不信感を持っていたということだろう。

安倍政権には、こうした指摘がアメリカ側からなされたことをうまく利用して、二階・今井の影響力排除に動いてもらいたいものだ。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200727/wor2007270014-n1.html
画像はCIPE.orgから(CSIS)
https://www.cipe.org/wp-content/uploads/2019/08/csis_responsive_Responsive.jpg
画像は文春オンライから(今井秘書官)
https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/1/9/1500wm/img_19986f7dc98d5f92faefad7c7c291c81176947.jpg
画像は産経新聞から(統一戦線工作部)
https://www.sankei.com/images/news/180826/wor1808260018-p1.jpg
画像はニューズウイークから(二階幹事長と習近平)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/04/endo190426-thumb-720xauto-158745.jpg
画像は東網から(安倍総理)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggrPbZpgxAOryGgVtp64GE4Q—x640-y426-q90-exp3h-pril/amd/20200711-00000003-pseven-000-10-view.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  2. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  3. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)
  2. 経済

    江蘇FCが運営停止! 「蘇寧」の危機は中国の経済危機の縮図!(朝香豊)
  3. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)
  4. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 …
PAGE TOP