安全保障

トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ政権の元首席戦略官だったスティーブ・バノン氏は、トランプ政権が中国共産党と対決・解体するための統合された「戦争計画」をまとめ上げたと述べた。

バノン氏によれば、トランプ政権のもとで一種の軍事作戦会議のようなものが作られていて、「(ヨハネの)黙示録の四騎士」を配置しているという。

この「四騎士」は神の怒りの代行者とされている。

つまり、邪悪な中国共産党を潰すために、神に代わって力を行使する4人という位置づけなのだろう。

ロバート・オブライエン国家安全保障担当補佐官、クリストファー・レイFBI長官、マイク・ポンペオ国務長官、ウィリアム・バー司法長官の4人が、この「四騎士」とされる。

この「四騎士」が一貫性のある戦争計画を展開して、中国共産党を相手に技術・情報戦争、経済戦争を遂行し、同盟国とともに南シナ海を開放する動きに着手し、中国に占領されているチベットと国境を接しているインドの味方を支援するという。

「中国と国境を接しているインド」と言わずに、「中国に占領されているチベットと国境を接しているインド」という言い方をわざわざしているところがにくい。

最近のトランプ政権の次から次へと繰り出す対中強硬政策から見ると、中国を徹底的に締め上げる戦略を築いているのは確かだろう。

同盟国として、我が国もこの戦いでしっかりとした役割を果たしたいものだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のyahoo!Newsの記事
https://in.news.yahoo.com/trump-administration-put-together-war-014948066.html
Flickrからの引用画像(スティーブ・バノン)
https://live.staticflickr.com/2931/33093445016_f18e56aa89_b.jpg
ウィキメディアからの引用画像(黙示録の四騎士)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/89/The_Four_Horsemen.jpg
NHKからの引用画像(米中対立)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/coronavirus/article/images/coronavirus_06-og.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「香…

  3. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  5. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金融…

  6. 安全保障

    米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝香 豊)

    日本政府は来年度の米国防大学サイバー戦争指揮官養成課程に自衛隊…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府
  4. 道理

    福島のトリチウムは韓国原発の1/100! 安倍総理!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
PAGE TOP