安全保障

トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ政権の元首席戦略官だったスティーブ・バノン氏は、トランプ政権が中国共産党と対決・解体するための統合された「戦争計画」をまとめ上げたと述べた。

バノン氏によれば、トランプ政権のもとで一種の軍事作戦会議のようなものが作られていて、「(ヨハネの)黙示録の四騎士」を配置しているという。

この「四騎士」は神の怒りの代行者とされている。

つまり、邪悪な中国共産党を潰すために、神に代わって力を行使する4人という位置づけなのだろう。

ロバート・オブライエン国家安全保障担当補佐官、クリストファー・レイFBI長官、マイク・ポンペオ国務長官、ウィリアム・バー司法長官の4人が、この「四騎士」とされる。

この「四騎士」が一貫性のある戦争計画を展開して、中国共産党を相手に技術・情報戦争、経済戦争を遂行し、同盟国とともに南シナ海を開放する動きに着手し、中国に占領されているチベットと国境を接しているインドの味方を支援するという。

「中国と国境を接しているインド」と言わずに、「中国に占領されているチベットと国境を接しているインド」という言い方をわざわざしているところがにくい。

最近のトランプ政権の次から次へと繰り出す対中強硬政策から見ると、中国を徹底的に締め上げる戦略を築いているのは確かだろう。

同盟国として、我が国もこの戦いでしっかりとした役割を果たしたいものだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のyahoo!Newsの記事
https://in.news.yahoo.com/trump-administration-put-together-war-014948066.html
Flickrからの引用画像(スティーブ・バノン)
https://live.staticflickr.com/2931/33093445016_f18e56aa89_b.jpg
ウィキメディアからの引用画像(黙示録の四騎士)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/89/The_Four_Horsemen.jpg
NHKからの引用画像(米中対立)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/coronavirus/article/images/coronavirus_06-og.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. 安全保障

    看過できない鳩山由紀夫の発言! 外患誘致罪も考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!鳩山…

  4. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    「北ミサイルは韓国への挑発ではない」 韓国国防相が発言! (朝香 豊)

    韓国と北朝鮮は1年前に両国の緊張緩和を進めるために「9・19軍…

  6. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    サヨク涙目! 毎日新聞の世論調査でも安倍内閣の支持率は急上昇! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウィスコンシン州のバイデン・ジャンプ! ミルウォーキーの選挙委員長の疑惑のメール…
  4. 安全保障

    中国が尖閣領有権主張の「オンライン博物館」を開設! 日本はカウンターを打て!(朝…
  5. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
PAGE TOP