安全保障

サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

イランの関与が濃厚となったサウジ攻撃について、おそらくこういうことではないかという見立てを書きます。あくまでも私の「見立て」なので、その点ご承知おきを。

オバマ政権期に結ばれたイランと欧米との核合意は、締結後15年経過すれば、核兵器に転用できる高濃縮ウランなどの製造ができるとするものだった。また弾道ミサイルの開発には制限がなかった。

つまり、弾道ミサイルの開発を当面は進め、期限が到来したら核兵器の開発を欧米のお墨付きを得て始めればいいと、イランは考えた。新しく作れるようになった核弾頭を、すでに開発を終えているミサイルに搭載するだけになる。

そこで、これはおかしいと、トランプ大統領は合意を破棄し、厳しい圧力をイランに加えた。

だが、この圧力に対する対応は、イラン国内では完全にまとまっているわけではない。

最高指導者ハメネイ師はあくまでも核開発を放棄しない方針だが、ロウハニ大統領はアメリカとの話し合いで妥協ができるなら妥協もありだと思っている。

アメリカは強硬派のボルトン安全保障補佐官を解任し、イラン側との話し合いによって新たな合意を目指すことにした。

融和的なロウハニ大統領も、国益に叶うなら、トランプ大統領と会うのにためらいはないと発言していた。

実際にトランプ大統領とロウハニ大統領の会談は、ニューヨークで開かれる国連総会に合わせて実現できる見通しになっていた。

ここでアメリカ側に丸め込まれて融和的なロウハニ大統領がイランの将来の核開発ができないような合意に前向きな姿勢を見せることを、強硬派のハメネイ師は警戒した。

そこで、トランプ・ロウハニ両大統領による話し合いを阻止するために、ハメネイ師は自分直属のイラン革命防衛隊にサウジ攻撃を指示した。

そして実際にこの攻撃を受け、両大統領の会談はご破算となった。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  3. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

    羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通…

  4. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!

    「大韓民国山林庁」が所有者になっていて、公示地価まで発表し…

  5. 安全保障

    米台間の「太平洋対話」が初開催! アメリカは台湾支援を強化!(朝香 豊)

    台湾と外交関係を結ぶ国との協力関係を緊密にすることを目的とする…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の杭州市、民間企業100社に政府職員を派遣へ! 民間企業にはさらに中共の影響…
  3. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  5. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ
PAGE TOP