安全保障

サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

イランの関与が濃厚となったサウジ攻撃について、おそらくこういうことではないかという見立てを書きます。あくまでも私の「見立て」なので、その点ご承知おきを。

オバマ政権期に結ばれたイランと欧米との核合意は、締結後15年経過すれば、核兵器に転用できる高濃縮ウランなどの製造ができるとするものだった。また弾道ミサイルの開発には制限がなかった。

つまり、弾道ミサイルの開発を当面は進め、期限が到来したら核兵器の開発を欧米のお墨付きを得て始めればいいと、イランは考えた。新しく作れるようになった核弾頭を、すでに開発を終えているミサイルに搭載するだけになる。

そこで、これはおかしいと、トランプ大統領は合意を破棄し、厳しい圧力をイランに加えた。

だが、この圧力に対する対応は、イラン国内では完全にまとまっているわけではない。

最高指導者ハメネイ師はあくまでも核開発を放棄しない方針だが、ロウハニ大統領はアメリカとの話し合いで妥協ができるなら妥協もありだと思っている。

アメリカは強硬派のボルトン安全保障補佐官を解任し、イラン側との話し合いによって新たな合意を目指すことにした。

融和的なロウハニ大統領も、国益に叶うなら、トランプ大統領と会うのにためらいはないと発言していた。

実際にトランプ大統領とロウハニ大統領の会談は、ニューヨークで開かれる国連総会に合わせて実現できる見通しになっていた。

ここでアメリカ側に丸め込まれて融和的なロウハニ大統領がイランの将来の核開発ができないような合意に前向きな姿勢を見せることを、強硬派のハメネイ師は警戒した。

そこで、トランプ・ロウハニ両大統領による話し合いを阻止するために、ハメネイ師は自分直属のイラン革命防衛隊にサウジ攻撃を指示した。

そして実際にこの攻撃を受け、両大統領の会談はご破算となった。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    習近平が本気でブロックチェーンとデジタル人民元に取り組む方針を表明! (朝香 豊)

    習近平は中国共産党中央委員会のある会議で、「ブロックチェーンを…

  2. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊)

    NATOは、ブリュッセルで外相理事会を開催し、中国の軍事拡大を…

  3. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!

    北朝鮮が公開した写真によると、9月10日に北朝鮮が発射したミサ…

  4. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

    アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射…

  5. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)
  2. 未分類

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
  3. 安全保障

    米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝…
  4. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)
PAGE TOP