安全保障

トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソレイマニ司令官の暗殺の「報復」として、イランがアメリカ軍の拠点を攻撃したことを受けて、アメリカのトランプ大統領は演説を行い、アメリカ人兵士らに死傷者はいなかったとし、イランによるさらなる攻撃の可能性は低いとの考えを示した。

イラン国営通信は80人が死亡したと伝えているが、これは国内向けのメンツを重んじた「宣伝」に過ぎず、事実とは異なるとみるべきだ。

イランはミサイル攻撃という派手に見える手法を使いながら、大きな被害が出ない着弾地点を敢えて選んだことが伺える。

内容はわからないが、イラン政府がアメリカ側に書簡を届けていたことも明らかになった。

事態の悪化を望まないイランの本音が記されていたのではないかと推察する。

なお、イランの最高指導者ハメネイ師は、このミサイル攻撃は米国への「平手打ち」だとし、米国は中東から軍を撤収すべきと主張している。

メンツを重んじるイランからすれば、こう言わざるをえないのだが、一方これに応えたようにトランプ大統領が振る舞うのは、決して難しいことではない。

なぜなら、シェールオイルの開発に成功したアメリカは、今や世界最大の産油国であり、もはや中東の石油を必要としない国になっているからだ。

トランプ 大統領は今回の演説の中でもこの点について触れ、これまでアメリカが中東で果たしてきた役割をNATOが代わりに担うことを求めた。

つまり、アメリカの中東からの撤収は、アメリカの既定路線なのであり、ハメネイ師の求める路線はもともとこれと矛盾しないわけだ。

以上を踏まえると、トランプ大統領が「イランは今のところ矛を収めているようだ。それはすべての関係者にとっても世界にとってもよいことだ」、「われわれは強力な軍や装備品を持っているが、使いたくはない」、「アメリカは平和を追求するすべての人々とともに、平和に身をささげる準備ができている」と述べているのは、非常に理解しやすいのではないだろうか。

トランンプ政権としては、米軍の中東からの撤退を「取引」材料としつつ、「核合意」を実質的にイランに核開発を断念させるものに引き上げさせることを、基本路線にするのだろう。

そして、核開発の断念のレベルによって、経済制裁を徐々に緩和し、アメリカがイランの敵ではないことを理解させ、イランを徐々にアメリカの勢力圏に取り込んでいくということを、トランプ大統領は長期的な戦略として描いているように、私には感じられる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012239471000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハー…

  2. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  4. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  5. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  6. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米大統領、サウジ攻撃への報復示唆! (朝香 豊)

    トランプ米大統領は、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃につい…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
  3. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国がまたまた検事の大異動を発表! 政権疑惑潰しをさらに進める!(朝香 豊)
PAGE TOP