安全保障

やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ストレッチャーで運ばれるナワリヌイ氏

ロシアの筋金入りの反体制指導者であるナワリヌイ氏が昏睡状態に陥った事件で、治療にあたっているドイツの医師団はコリンエステラーゼ阻害剤に関連した毒物が血液中から検出されたことを公表した。

コリンエステラーゼ阻害剤は、神経から筋肉への情報伝達を妨害し、筋肉の収縮や弛緩を阻害する。

呼吸に関わる筋肉への影響により、意識不明になることがあるようだ。

ナワリヌイ氏には現在解毒剤のアトロピンが投与されており、深刻だが命の危険はないとのことだ。

なお、当初入院したロシアのオムスク病院の医師団は、ナワリヌイ氏の体内にコリンエステラーゼ阻害剤の兆候は見られなかったと主張している。

ナワリヌイ氏の外国の病院への移送は、当初はロシア当局は容認していたが、その後容態が安定していないことを理由に一旦は拒絶する動きに変わった。

その後また容認する方向に転換されたが、化学物質の証拠が消滅するまでの時間稼ぎをしているのではないかと、ナワリヌイ氏の妻は見立てている。

やはり、おそロシアな事件である。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/53887802
BBCからの引用画像(ナワリヌイ氏)
https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/D767/production/_114034155_055560468.jpg
BBCからの引用画像(ストレッチャーで運ばれるナワリヌイ氏)
https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/1421F/production/_114036428_594a2cad-c16f-4eb3-a7b8-16cea0420d2a.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 道理

    陰謀論に乗っかるのは慎重に! 台湾のエバーグリーン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    ギニア政府が国内の中国人全員を拘束! ギニア人を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  5. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)

    中国政府は、香港に呼び鈴を送った人を逮捕した。呼び鈴に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)
  3. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 …
  5. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
PAGE TOP