人権・民主主義

大阪の自民党議員で長尾氏だけ推薦しない公明党! 疑われる公明党の親中姿勢!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の総選挙で、公明党の異常な姿が改めて露呈した。このことをWiLLのオンライン版に山口敬之氏が詳しい解説をしているのを見つけた。

よく知られているように、公明党は自民党と連立を組む与党の一員である。従って、公明党は小選挙区では自党の候補を立てずに自民党の議員を推薦していることが一般的だ。

これは大阪でも同様で、公明党は大阪の自民党候補者を一人を除いて推薦している。だが、一人だけは推薦することをしていない。その唯一の例外が、自民党保守派の中でも目覚ましい活躍をしている長尾たかし議員である。

長尾議員は「日本ウイグル国会議員連盟」の事務局長を務め、「国防七子」と呼ばれる中国人民解放軍と深い関係を持っている中国の7つの大学と日本の40を超える大学が大学間交流協定を結んでいる実態を広く知らしめた功績もある。

ウイグルなどでの中国の人権蹂躙の問題を大きく取り上げ、日本の国会でも対中非難決議を上げるべきだという運動でも、長尾議員は中心的な役割を果たしてきた。この非難決議は公明党や二階自民党幹事長(当時)らの強い抵抗で結局実現できなかったが、長尾氏が再選するかどうかはこの非難決議を次期国会で成立させられるかどうかにも影響が及ぶだろう。

中国の圧力に屈せずにしっかりと言うべきことを言う長尾議員の存在を失うことはあってはならない。

公明党は「<生命・生活・生存>を最大に尊重する人間主義を貫き、人間・人類の幸福追求を目的とする、開かれた国民政党」なのではなかったか。その党としての立場から見て、中国の今の人権状況は憂うべきものではないのか。

公明党は今回の選挙に際して発表した政策集の中で、中国について以下のように記述している。

「現在、中国における人権や基本的自由の尊重について、国際社会から具体的な懸念が示されており、公明党としてもその懸念を共有しているところです。人権や基本的自由は、いかなる政治体制においても尊重されるべきものです。中国は透明性をもって説明し、国際社会に対する責任を果たすべきであると考えます」

この党としての立場と、自民党議員の中で長尾議員だけを応援しない姿勢は果たして両立するのだろうか。

山口代表をはじめとする公明党の幹部は、中国のハニートラップにでも引っかかって何らかの弱みを中国共産党に握られているのではないか。そうとでも考えないと、今回の長尾議員に対してのみ推薦を外した公明党の異常性は理解できない。

公明党はなぜ長尾議員だけ推薦できないかについて、文字通り「公明」にしていただくことを要求する。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

“Dappi”問題での立憲民主党の動きは不合理! 立憲民主党は自由を抑圧する政党ではないのか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6931

『三方良し』経営や経済安全保障の強化を、岸田総理はひるまず推し進めよ! 雑音は無視だ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6927

日経が財政拡大警戒論の記事掲載! 財政のタイプを区分けして語るべき!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6922

与野党の政策論は「バラマキ合戦」? 矢野康治・財務事務次官の揶揄は不適切!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6906

落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6902

web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/politics/qIpaZ
長尾たかし議員の画像
https://img.epochtimes.jp/i/2021/04/21/c_yh7tue1xlvf6fprc4ums.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国の配車サービスのDiDiに中国政府が圧力! 上場したてのアメリカの投資家に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 道理

    噂を信じちゃいけないよ! 大統領過渡期強化法!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  5. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)
  3. 経済

    アルゼンチンから連鎖危機か?
  4. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    タリバンがアフガンを征す! それでも背後にいる中国の思惑は実現できない!(朝香 …
PAGE TOP