人権・民主主義

大阪の自民党議員で長尾氏だけ推薦しない公明党! 疑われる公明党の親中姿勢!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の総選挙で、公明党の異常な姿が改めて露呈した。このことをWiLLのオンライン版に山口敬之氏が詳しい解説をしているのを見つけた。

よく知られているように、公明党は自民党と連立を組む与党の一員である。従って、公明党は小選挙区では自党の候補を立てずに自民党の議員を推薦していることが一般的だ。

これは大阪でも同様で、公明党は大阪の自民党候補者を一人を除いて推薦している。だが、一人だけは推薦することをしていない。その唯一の例外が、自民党保守派の中でも目覚ましい活躍をしている長尾たかし議員である。

長尾議員は「日本ウイグル国会議員連盟」の事務局長を務め、「国防七子」と呼ばれる中国人民解放軍と深い関係を持っている中国の7つの大学と日本の40を超える大学が大学間交流協定を結んでいる実態を広く知らしめた功績もある。

ウイグルなどでの中国の人権蹂躙の問題を大きく取り上げ、日本の国会でも対中非難決議を上げるべきだという運動でも、長尾議員は中心的な役割を果たしてきた。この非難決議は公明党や二階自民党幹事長(当時)らの強い抵抗で結局実現できなかったが、長尾氏が再選するかどうかはこの非難決議を次期国会で成立させられるかどうかにも影響が及ぶだろう。

中国の圧力に屈せずにしっかりと言うべきことを言う長尾議員の存在を失うことはあってはならない。

公明党は「<生命・生活・生存>を最大に尊重する人間主義を貫き、人間・人類の幸福追求を目的とする、開かれた国民政党」なのではなかったか。その党としての立場から見て、中国の今の人権状況は憂うべきものではないのか。

公明党は今回の選挙に際して発表した政策集の中で、中国について以下のように記述している。

「現在、中国における人権や基本的自由の尊重について、国際社会から具体的な懸念が示されており、公明党としてもその懸念を共有しているところです。人権や基本的自由は、いかなる政治体制においても尊重されるべきものです。中国は透明性をもって説明し、国際社会に対する責任を果たすべきであると考えます」

この党としての立場と、自民党議員の中で長尾議員だけを応援しない姿勢は果たして両立するのだろうか。

山口代表をはじめとする公明党の幹部は、中国のハニートラップにでも引っかかって何らかの弱みを中国共産党に握られているのではないか。そうとでも考えないと、今回の長尾議員に対してのみ推薦を外した公明党の異常性は理解できない。

公明党はなぜ長尾議員だけ推薦できないかについて、文字通り「公明」にしていただくことを要求する。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

“Dappi”問題での立憲民主党の動きは不合理! 立憲民主党は自由を抑圧する政党ではないのか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6931

『三方良し』経営や経済安全保障の強化を、岸田総理はひるまず推し進めよ! 雑音は無視だ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6927

日経が財政拡大警戒論の記事掲載! 財政のタイプを区分けして語るべき!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6922

与野党の政策論は「バラマキ合戦」? 矢野康治・財務事務次官の揶揄は不適切!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6906

落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6902

web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/politics/qIpaZ
長尾たかし議員の画像
https://img.epochtimes.jp/i/2021/04/21/c_yh7tue1xlvf6fprc4ums.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)

    韓国のKBSテレビに対して、ある香港警察官が匿名を条件に取材に…

  4. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  5. 人権・民主主義

    トランプ弾劾がいよいよ開始! 逆転劇の始まりだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!いよ…

  6. 安全保障

    政府はLINE対策を抜本的に強化せよ! LINE側にも問題大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    竹中平蔵氏をどう見るか! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾有事の緊張高まる! 中国軍・米軍・台湾軍が臨戦態勢へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    黒人を膝で抑え込んだ警官に殺人罪の評決! 見過ごせないアメリカの全体主義!(朝香…
  5. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
PAGE TOP