安全保障

北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北朝鮮の弾道ミサイルを電波で妨害する装備の導入に、防衛省が着手する。

ミサイルと地上との電波の送受信を妨害することで、地上からミサイルを捕捉できないようにすることを目指す。

弾道ミサイルを発射する際に、ミサイルの航跡や機器の状態を捕捉するために、テレメトリーと呼ばれる電波がミサイルから基地に向けて発せられる。

ミサイルと基地の間を行き交う電波に強い電波を照射することで、混信などを起こさせ送受信を遮断させることを狙う。

これが実用化すると、北朝鮮はミサイルの飛行データの収集自体が困難になる。

送受信の遮断によって、思わぬ危険回避のために組み込まれているミサイルの自爆装置が働く可能性もある。

これまで北朝鮮の弾道ミサイル防衛には、イージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と、地上からの地対空誘導弾迎撃ミサイル(PAC3)に頼ってきたが、ここにこの電波妨害装置が新たに加わるとすれば、確かに防衛力の強化に資することだろう。

近年は単純な弾道軌道ではなく、終末段階で変則的な動きを見せる短距離ミサイルを北朝鮮が公開してきたことから、SM3とPAC3だけで日本を防衛するのは、極めて難しくなっていた。

低い弾道だとSM3は使えず、変則的な動きで落ちてくると、PAC3での迎撃は不可能だ。

理想論としては、憲法を改正して、専守防衛の枠を超えた対応が日本にできるようにすることが重要であるが、当面の対応としては、こうした対応も強く求められることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/politics/news/200211/plt2002110010-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    恐らく、北朝鮮でも新型コロナウイルスが拡散!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ラジ…

  3. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!外部…

  4. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!すで…

  6. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)
  2. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
  4. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府
PAGE TOP