安全保障

北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北朝鮮の弾道ミサイルを電波で妨害する装備の導入に、防衛省が着手する。

ミサイルと地上との電波の送受信を妨害することで、地上からミサイルを捕捉できないようにすることを目指す。

弾道ミサイルを発射する際に、ミサイルの航跡や機器の状態を捕捉するために、テレメトリーと呼ばれる電波がミサイルから基地に向けて発せられる。

ミサイルと基地の間を行き交う電波に強い電波を照射することで、混信などを起こさせ送受信を遮断させることを狙う。

これが実用化すると、北朝鮮はミサイルの飛行データの収集自体が困難になる。

送受信の遮断によって、思わぬ危険回避のために組み込まれているミサイルの自爆装置が働く可能性もある。

これまで北朝鮮の弾道ミサイル防衛には、イージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と、地上からの地対空誘導弾迎撃ミサイル(PAC3)に頼ってきたが、ここにこの電波妨害装置が新たに加わるとすれば、確かに防衛力の強化に資することだろう。

近年は単純な弾道軌道ではなく、終末段階で変則的な動きを見せる短距離ミサイルを北朝鮮が公開してきたことから、SM3とPAC3だけで日本を防衛するのは、極めて難しくなっていた。

低い弾道だとSM3は使えず、変則的な動きで落ちてくると、PAC3での迎撃は不可能だ。

理想論としては、憲法を改正して、専守防衛の枠を超えた対応が日本にできるようにすることが重要であるが、当面の対応としては、こうした対応も強く求められることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/politics/news/200211/plt2002110010-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

    米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補…

  2. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

  3. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    韓国の輸出12ヶ月連続の減少! 11月は14.3%減!(朝香 豊)

    韓国の輸出は12カ月連続のマイナスだ。今年6月からは前…

  6. 安全保障

    第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!クリン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「中国共産党は国際支配を欲している」と、ポンペオ国務長官! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ドレスデン市は非常事態宣言! 反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化で!(…
PAGE TOP