安全保障

北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北朝鮮の弾道ミサイルを電波で妨害する装備の導入に、防衛省が着手する。

ミサイルと地上との電波の送受信を妨害することで、地上からミサイルを捕捉できないようにすることを目指す。

弾道ミサイルを発射する際に、ミサイルの航跡や機器の状態を捕捉するために、テレメトリーと呼ばれる電波がミサイルから基地に向けて発せられる。

ミサイルと基地の間を行き交う電波に強い電波を照射することで、混信などを起こさせ送受信を遮断させることを狙う。

これが実用化すると、北朝鮮はミサイルの飛行データの収集自体が困難になる。

送受信の遮断によって、思わぬ危険回避のために組み込まれているミサイルの自爆装置が働く可能性もある。

これまで北朝鮮の弾道ミサイル防衛には、イージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と、地上からの地対空誘導弾迎撃ミサイル(PAC3)に頼ってきたが、ここにこの電波妨害装置が新たに加わるとすれば、確かに防衛力の強化に資することだろう。

近年は単純な弾道軌道ではなく、終末段階で変則的な動きを見せる短距離ミサイルを北朝鮮が公開してきたことから、SM3とPAC3だけで日本を防衛するのは、極めて難しくなっていた。

低い弾道だとSM3は使えず、変則的な動きで落ちてくると、PAC3での迎撃は不可能だ。

理想論としては、憲法を改正して、専守防衛の枠を超えた対応が日本にできるようにすることが重要であるが、当面の対応としては、こうした対応も強く求められることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/politics/news/200211/plt2002110010-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  2. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  3. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    破綻の縁に追い込まれたキューバ経済! 政権側は体制の危機を認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反政…

  5. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)

    マサチューセッツ工科大学は商務省のエンティティリスト(ブラック…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ票がバイデン票にやはり転換されたのか? ドミニオン投票集計機!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
PAGE TOP