人権・民主主義

フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

プロジェクトヴェリタスは、フェイスブックのザッカーバーグCEOをはじめとする取締役の数時間に及ぶ会話のビデオを、内部告発者からのリークで手に入れ、その内容を公開した。

この中でザッカーバーグ氏は様々なことを述べているが、端的に言えば、フェイスブックを多様な言論を表明できるプラットフォームとするのではなく、特定の思想傾向を「正しい」ものとして認め、その方向性の枠内にある言論のみを認めていこうとする姿勢を示したと言える。

例えばザッカーバーグ氏は「バイデン大統領は私たちが会社として深い関心を持つ諸分野について、いくつもの大統領令をすでに出している。例えば、移民、不法移民の子どもたちの扱い、イスラム国家からの入国制限の撤廃、気候変動、人種間の正義と平等といった領域だ。これらはとても非常に重要で、前向きなステップだったと思う。」と述べている。

ここには明らかにトランプ政権の時の上記に関わる諸政策は正しいものではなく、バイデン政権の諸政策が正しいとする前提がある。そしてそのことを、ザッカーバーグ氏個人の一見解として述べるのであれば理解できるが、こうした方向性について「私たちが会社として深い関心を持つ」としているのである。これはプラットフォーム企業としてあるまじき話ではないだろうか。

リベラル派は保守派のことを、リベラル派の唱える「差別はいけない」といった議論すら理解できない無能者のように扱っているわけだが、リベラル派の薄っぺらい表面的な論理が理解できないわけがないだろう。

そんな表面的なきれいごとをそのまま現実社会に当てはめた際の悪影響を認識しているから、現実と理念との狭間についてまじめに考えるべきだと保守派は主張している。彼らはこのあたりのことが実は全く理解できていない。

それなのに自分たちは誰からも文句の付けられない正しい主張を行っていると思い込んで、保守派の言論を抑圧することを当然であるかのようにみなす。

暴力や犯罪を明らかに誘発するような言論・表現でも野放しにしろという気はないが、社会の中にできるかぎり多様な声が存在するようにすることが、開かれた健全な民主主義の基本である。

一定の方向性を持った価値観の枠内に言論を閉じ込めようとすることを正当化するザッカーバーグ氏の発言は、プラットフォームとしてのフェイスブックのあり方から見て大いに問題のあるものだと考える。 
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.projectveritas.comの記事
https://www.projectveritas.com/news/facebook-insider-leaks-hours-of-video-of-zuckerberg-and-execs-admitting-they/
ザッカーバーグの画像
https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20180412&t=2&i=1250517597&w=780&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=2018-04-12T010510Z_30213_MRPRC1832404AA0_RTRMADP_0_FACEBOOK-PRIVACY-ZUCKERBERG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 道理

    一般の報道よりも闇が深い! テレビ朝日「五輪打ち上げ」事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テレ…

  2. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!

    ソウル市と釜山市で相次いで、日本企業280社余りを「戦犯企…

  3. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ギリ…

  4. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ラ…

  5. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件

    中国で起こった医療の闇の事件。北京で、急性リンパ性…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカの個人情報の80%は完全に中国に盗まれている! 米元高官が議会証言!(朝…
  3. 経済

    石油価格の低迷は長期化か! 貯蔵所の余裕がなくなる予想!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  5. 道理

    これはひどすぎる! 立民・共産・社民・令新による野党共通政策の提言!(朝香 豊)…
PAGE TOP