安全保障

外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国のエネルギー企業とバイデン一家の合弁事業は、投資対象としてアメリカ国内のインフラ投資も行うとしていた。

このインフラ投資を順調に動かしていくための工作対象候補のリストを、ジョー・バイデンの弟のジム・バイデンが用意し、仲間にメールで送信していたことがわかった。

バイデン一家のビジネスパートナーだったボブリンスキー氏もそのメールを受信しており、そのことを公表したのである。

このメールはハンター・バイデンにも送られていた。

この工作対象候補には、クオモ・ニューヨーク州知事、デブラシオ・ニューヨーク市長、スコット・フロリダ州知事(当時)、シューマー上院議員、クロブシャー上院議員などの大物政治家が記載されていた。

ここでのポイントは、この合弁事業の資金は中国から提供されたものであり、中国にも利益を分け与えるものであることだ。

ハンター・バイデンはロビイストとしての登録はしてはいるが、外国勢力の利益を代表する「外国代理人」としての登録を行っていない。

それでありながら、これらの人物に対して自分たちの合弁事業をインフラ投資に参画させてくれと働きかけを行ったとすれば、明確に外国代理人登録法に違反するはずだ。

実際にこれらのターゲットに工作を行ったかどうかは断定できないが、やっていたことが立証されれば、これまた大問題とされるべきである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/22/email-sent-from-bidens-brother-to-hunter-references-harris-report/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8874507/Hunter-Biden-Joes-brother-Jim-targeted-key-Democrats-including-Cuomo-Schumer-investment.html
ニューヨーク・ポストからの引用画像(ジム・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2019/09/james-biden.jpg?
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    伊藤穰一氏をデジタル監として受け入れるべき! エプスタインとの関係は大したことで…
  2. 道理

    トランプ米大統領は弾劾を求めた米民主党にtwitterで続々反論! (朝香 豊)…
  3. 経済

    「歴史的合意」」なのに、石油価格は低迷を続ける! 壊れる世界経済!(朝香 豊)
  4. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件
PAGE TOP