安全保障

外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国のエネルギー企業とバイデン一家の合弁事業は、投資対象としてアメリカ国内のインフラ投資も行うとしていた。

このインフラ投資を順調に動かしていくための工作対象候補のリストを、ジョー・バイデンの弟のジム・バイデンが用意し、仲間にメールで送信していたことがわかった。

バイデン一家のビジネスパートナーだったボブリンスキー氏もそのメールを受信しており、そのことを公表したのである。

このメールはハンター・バイデンにも送られていた。

この工作対象候補には、クオモ・ニューヨーク州知事、デブラシオ・ニューヨーク市長、スコット・フロリダ州知事(当時)、シューマー上院議員、クロブシャー上院議員などの大物政治家が記載されていた。

ここでのポイントは、この合弁事業の資金は中国から提供されたものであり、中国にも利益を分け与えるものであることだ。

ハンター・バイデンはロビイストとしての登録はしてはいるが、外国勢力の利益を代表する「外国代理人」としての登録を行っていない。

それでありながら、これらの人物に対して自分たちの合弁事業をインフラ投資に参画させてくれと働きかけを行ったとすれば、明確に外国代理人登録法に違反するはずだ。

実際にこれらのターゲットに工作を行ったかどうかは断定できないが、やっていたことが立証されれば、これまた大問題とされるべきである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/22/email-sent-from-bidens-brother-to-hunter-references-harris-report/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8874507/Hunter-Biden-Joes-brother-Jim-targeted-key-Democrats-including-Cuomo-Schumer-investment.html
ニューヨーク・ポストからの引用画像(ジム・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2019/09/james-biden.jpg?
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    中国への技術流出を防げ! あまりに甘い日本の大学!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  3. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  4. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)
  2. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  3. 中国

    武漢市葬儀場が遺体の運搬スタッフ募集! 時給15000円超!(朝香 豊)
  4. 外交

    しつこい韓国! 韓国人教授が「五輪で旭日旗の使用を許すな」と、205カ国のIOC…
  5. 安全保障

    戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)
PAGE TOP