安全保障

外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国のエネルギー企業とバイデン一家の合弁事業は、投資対象としてアメリカ国内のインフラ投資も行うとしていた。

このインフラ投資を順調に動かしていくための工作対象候補のリストを、ジョー・バイデンの弟のジム・バイデンが用意し、仲間にメールで送信していたことがわかった。

バイデン一家のビジネスパートナーだったボブリンスキー氏もそのメールを受信しており、そのことを公表したのである。

このメールはハンター・バイデンにも送られていた。

この工作対象候補には、クオモ・ニューヨーク州知事、デブラシオ・ニューヨーク市長、スコット・フロリダ州知事(当時)、シューマー上院議員、クロブシャー上院議員などの大物政治家が記載されていた。

ここでのポイントは、この合弁事業の資金は中国から提供されたものであり、中国にも利益を分け与えるものであることだ。

ハンター・バイデンはロビイストとしての登録はしてはいるが、外国勢力の利益を代表する「外国代理人」としての登録を行っていない。

それでありながら、これらの人物に対して自分たちの合弁事業をインフラ投資に参画させてくれと働きかけを行ったとすれば、明確に外国代理人登録法に違反するはずだ。

実際にこれらのターゲットに工作を行ったかどうかは断定できないが、やっていたことが立証されれば、これまた大問題とされるべきである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/22/email-sent-from-bidens-brother-to-hunter-references-harris-report/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8874507/Hunter-Biden-Joes-brother-Jim-targeted-key-Democrats-including-Cuomo-Schumer-investment.html
ニューヨーク・ポストからの引用画像(ジム・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2019/09/james-biden.jpg?
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  2. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港で天安門事件追悼が平穏に開かれた! だが嵐の前の静けさにすぎない!(朝香 豊…
  2. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)
  3. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化へ! 明らかに変わる中東の力学!(朝香 豊…
  5. 経済

    小規模事業者向けの無担保融資を中国政府は奨励! 中国経済の崩壊が進んでいる! (…
PAGE TOP